新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 一眼レフカメラの構造 | トップページ | AE(自動露出) »

2台目の一眼レフカメラ

2台目の一眼レフカメラ 学生の時、カタログを「いいなぁー」と眺めていたカメラは憧れのNikonでした。
でもNikonは高嶺の花・・・なんだかんやと悩んだ挙句、最終的には予算の問題で当時一番安かったOLYMPUS OM-1を購入しました。
残念ながら憧れのカメラではありませんでしたが、初めてのMyCameraですから愛着も涌きます。
オリンパスOM1はピント、露出はもちろん、巻き上げ、巻き戻し、ISO感度(当時はASA)の設定まで全てマニュアルでしたが、当時はそれが普通と思っていましたから不便と感じることはありませんでした。
小まめに手入れをしながら大事に使っていたのですが、田舎にカメラを置いたまま仙台に来てからはカメラに触ることはありませんでした。
仙台に来た当初「カメラを持ってくるんだったなぁー」と思うことも何度かあったのですが、生活環境の変化に何時しかカメラの存在さえ忘れてしまったのです。
ところが、ふとしたことから?十年振りにカメラ熱が復活、思いもヒートアップ。
「今更手入れもしてない?十年前のカメラは使えないだろうし、さて何を買ったらいいものか・・・。」
第一候補はやはりニコンでしたが、カメラ雑誌などを読むうちキャノンもいいなぁー。
悩んだ挙句選んだのはCanon Eos5(フィルム)、USM LENSが決め手になりました。
ところで、ご存知のように一眼レフカメラはレンズ交換できるのが大きな魅力です。
幸いにも私は今もEOSが気に入っていますのでカメラ(メーカー)を変えようと考えたことはありませんが、何本か交換レンズが揃ってしまうとメーカーを変えるのは金銭的に大変です。
メーカー毎にレンズマウントが違うので、カメラボディーだけを他のメーカーに変更することはできないからです。
ですから、これから一眼レフカメラの購入を計画している人は、ボディーだけでなくレンズ、アクセサリーなども合わせて検討して下さい。
話が少し逸れてしまいました。
それで?十年振りに手にした一眼レフカメラにはAF(AutoFocus)、AE(AutoExposure)はもちろん、DXコードによるISO感度の自動設定、秒数枚の連写からAEB(AutoExposureBracketing)まで、「これは凄い!」
カタログ、雑誌などである程度は知っていたものの実際使ってみるとその快適さに驚きました。
いつの間にか一眼レフカメラは押せば写るバカチョンカメラになっていたのです。
「これは楽しい!」
でもその反面、自分でシャッタースピードなどを設定して撮ろうとすると「どれを回すんだ?」「この花マークは何だ?」・・・。
直ぐに慣れましたが、それはマニュアルのOM1を使っていた経験が助けになったのだと思います。
シーンセレクト(花マーク、山マーク、etc)はいいとして、P、AV、TV、Mなど初めての人には「何のこっちゃ?」でしょう!?
と言うことで、次回からAV、TVなどの説明に移って行くわけですが、絞り優先、シャッター速度優先、プログラムシフトなど言われても「??」でしょうから、とりあえず露出の話から始めることにします。
それでは、(^^)/~~~

« 一眼レフカメラの構造 | トップページ | AE(自動露出) »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon