新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

トップページ | 2006年1月 »

絞りの働き (2)

(前回からの続きです)
シャッター速度はカメラで決まっていますが、絞り(範囲)はレンズで決まっています。
単焦点レンズの場合だと「50mm F1.4」、「100mm F2」、ズームレンズだと「28~70mm F2.8」、「28~135mm F3.5~5.6」と言った具合です。
mmの前の数値はレンズの焦点距離を表し、それに続くF付きの数値が絞りの最小値(開放値)で、そのレンズの明るさを表しています。
(レンズの絞りを最小値にする事を特に「絞りを開放にする」といいます。)
単焦点レンズの場合は単純ですが、ズームレンズの場合は焦点距離を変える(ズームさせる)とそれに合わせ絞りの開放値(最小値)が変わるレンズがあります。
例えば「28~135mm F3.5~5.6」のズームレンズを例にとると、28mm(ワイド側)ではF3.5、135mm(テレ側)ではF5.6になります。
ところで、同じ焦点距離でも開放値が違うことに気付かれましたか?
「28~70mm F2.8」と「28~135mm F3.5~5.6」はワイド側が同じ28mmでもF2.8、F3.5と開放値が違います。
開放値は、レンズの大きさや枚数、種類(単焦点、ズーム)によって違ってきます。
基本的に明るさ(F値)はレンズ口径に比例し、一般的に同じ焦点距離ならレンズ口径の大きい方、ズームレンズより単焦点レンズの方が明るくなります。
オッと、レンズの話が長くなってしまいました。
レンズの話はまた別の機会にすることにします。

最後にファインダーを覗きながら「エー!? 絞りを変えても明るさは変わらないなぁー」と思っている方へ。
ファインダーから見る映像は絞り開放の状態で見ているので、ファインダーを覗きながら絞りを変えても明るさは変わりません。
通常絞りは写す瞬間に動作するのでファインダーで確認することは出来ませんが、機種によっては絞り込まれた状態を確認することができます。
絞り込みボタン(プレビューボタン) お手持ちのカメラに絞り込みボタン(プレビューボタン)があるなら絞りを絞った状態でボタンを押して下さい。
少し暗くなるのが分かるはずです。
念の為に言っておきますが、この絞り込みボタンはレンズの明るさを確認する為に付いているのではありません。
本来の目的は被写界深度(ピントの合っている範囲)を確認する為の機能です。
※被写界深度については別の機会に説明します。
これでシャッターと絞りの説明が終わりましたので、次回(来年)は「標準露出とAE(自動露出)」です。
それでは、皆様良いお年をお迎え下さい。
m(__)m

絞りの働き (1)

今回はあまり聞き慣れない「絞り」についての説明です。
絞りはシッターと共に露出を制御するもので、シャッターは露出を時間で制御するのに対し、絞りは光の量で制御します。
絞りはレンズ内にあり複数の金属の羽根で構成され、穴の大きさ(口径)を変えることで光の量を調節します。
取り込む光の量は穴の大きさに比例し、穴を小さくすると取り込まれる光の量も小さくなります。
絞りの動き
「穴の大きさで?・・・」
イメージとしては、眩しいと小さくなる眼の瞳孔と思って下さい。
瞳孔は自分の意思で大きさを変えることはできませんが、カメラの絞りはシャッター速度同様に撮影者の意思で穴の大きさ変える事ができます。
この穴の大きさ(光の量)を表すのがF付きの数値、“絞り値”(または「絞り」)です。
絞り値 その1
F1、F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、~と数値が大きくなるほど穴の大きさは小さくなり、逆に数値が小さくなるほど穴の大きさは大きくなります。
数値を小さくすること(穴を大きくすること)を「絞りを開ける(開く)」といい、逆に数値を大きくすること(穴を小さくすること)を「絞り込む(絞る)」といいます。
数値の並びはシャッター速度の場合は2倍の関係でしたが、絞り値の場合はルート2倍の関係です。
ところで、なぜルート2と言う面倒な数値になっていると思いますか?・・・
私も分かりません。 m(__)m
またこの関係はシャッター速度と同様、隣との関係を“1段”と言います。
ただし、「早く、遅く」の代わりに「絞る、開ける」を使い、「1段開ける」とか「1段絞る」などといいます。
また、これもシャッター速度同様、実際は1/2段(または1/3段)単位で制御されています。
絞り値 その2

絞りの説明の途中ですが、今まで書いた自分のブログを見て思いました。
「随分ぎっしり長々書いてるなぁー」
「これでは端から読む気が失せるかなぁー?」
「一度に読んだら疲れるかなぁー?」
などなど思いまして、今回から小分けすることにしました。
と言う訳で、続きは次回、「絞りの働き その2」です。

※1段、1/2段、1/3段の絞りはこちらをどうぞ。

それでは、(^^)/~~~

シャッターの働き

フィルム(または光センサー)へ露光する光を時間で制御するのがシャッターです。
シャッターはカメラからレンズを外すと見えるミラーの陰(フィルムの直前)にあり、2枚の金属の幕(先幕と後幕)で構成されています。
一眼レフカメラの構造
露光の仕組みを簡単に説明します。
1. シッターボタンを押すと先幕が動き始め、後幕との間に隙間ができます。
2. ある一定の間隔(隙間)をおいて後幕が先幕を追いかけます。
レンズからの光(映像)は、この隙間を通りフィルムに露光します。
3.元の状態に戻ります。
シャッターの動き
ここでのポイントは、「ある一定の間隔」とは常に同じ間隔ではないと言う事です。
イラストでは部分的に開いた状態ですが、スローシャッターになると全開状態になります。
もう気付いた方がいると思いますが、この隙間の大きさで露光する時間を制御しています。
そして、この時間を表したのがシャッター速度です。
(正しくは時間から隙間の大きさ決まるのですが、説明の都合上逆になっています。)
一部ですがシャッター速度の例をあげると、1/2(2分の1秒)、1/4(4分の1秒)、1/8、1/15、1/30、1/60、1/125、1/250、1/500・・・と言う具合に分母が大きくなるほど露光時間が短くなります。
逆に0''5(0.5秒)、1''(1秒)、2''(2秒)、4''、8''・・・と言う具合に数値が大きくなるほど露光時間が長くなります。(表記はCanon Eosの例です)
時間を短くすることを「シャッター速度を早く(高速に)する」といい、逆に長くするこことを「シャッター速度を遅く(低速に)する」といいます。
シャッター速度 その1
この数値の並びは2倍、または1/2倍で、隣との関係(間隔)を“1段”と言います。
たとえば、1/125より「1段速く」とは1/250で、「2段遅く」とは1/30を指します。
ところで、ご自分のカメラと比べ「シャッター速度の間隔が大きい!?」と思われた人はいませんか?
実は、実際の撮影では1/2段または1/3段単位で制御されています。
シャッター速度 その2
参考までに私のカメラ(Canon Eos)は、シャッター速度が30秒~1/4000で、シャッター速度の単位は1/2段(ステップ)、または1/3段(ステップ)を選択できるようになっています。

※1段、1/2段、1/3段のシャッター速度はこちらをどうぞ。

次回は絞りの働きです。
それでは、(^^)/~~~

AE(自動露出)

露出とはフィルムや撮像素子(CCDやCMOSなどの光センサー)に光を当てることで、当たり前のことですが光が無ければ物が見えないように光は写真を撮る上で大前提になります。
ところで、肉眼でも暗い場所や眩しい物、逆光のように明暗差が大きいなど光の条件によって物が見え難くなりますが、カメラにも同じことが言えます。
人の目は網膜で光を感じていますが、カメラの場合はフィルムや撮像素子が網膜の替わりになります。
そして重要なのは網膜同様、フィルムや撮像素子にも感じることのできる範囲があると言うことです。
この範囲をフィルムではラチチュード(許容度)、撮像素子ではダイナミックレンジといいます。
ラチチュードを分かりやすいように図にしてみます。(撮像素子のダイナミックレンジも同じことです)
ラチチュード(許容度)
このラチチュードに納まっていないと写真にならないと言う事はありませんが、左に食み出した部分は真っ黒(露出アンダー)になり、右に食み出した部分は真っ白(露出オーバー)になります。
フィルムでもデジタルでも撮影後に多少の補正をすることができますが、真っ黒、真っ白になった部分には色(カラー)が無いので補正してもその効果はほとんどありません。
ですから、撮影時はラチチュードやダイナミックレンジに納まるよう露出を調整して撮影します。
例で説明すると、AEを使わないで曇り空と晴天の中間の明るさに合わせた露出で撮影すると、光の少ない曇り空では露出アンダーで全体的に暗い(黒っぽい)写真になり、光の多い晴天では露出オーバーで白っぽい写真になります。(※1)
AE(自動露出)の働き
そのような写真は狙いがあり意図的に撮る場合はいいのですが、一般的な写真としては失敗作の部類に入るでしょう。
「露出調整!? そんな面倒なこと・・・」
大丈夫、そんな面倒なことを自動で調整してくれるのがAE(AutoExposure:自動露出)です。
AEは明るさに応じ露出を調整しラチチュードに納まる様にしてくれる便利な機能です。(※2)
AEの仕組みを簡単に説明すると、カメラに内蔵された露出計で明るさを測り、露出計算のプログラムが適正なシャッター速度と絞り値を設定します。
シャッターは時々耳にすると思いますが、露出計、絞りはあまり聞いた事が無いのでは!?
この続きは次回に、それでは(^^)/~~~

※1「露出なんか気にしたことは無いけど、それなりに写ってるよ」と言う人は多いでしょう。
それは多分ネガフィルムを使っているのでは!?
実はネガフィルムのラチチュードは非常に広く、余程の露出ミスが無い限りプリント時の補正で遜色ない写真に仕上がります。
以前「初めてなら失敗の少ないネガフィルムを使うのがいいでしょう」と言ったのは、このラチチュードの広さがあるからです。
悪く言えばネガフィルムからプリントした写真では露出の失敗に気付きにくいと言う事もいえます。
話がフィルムになりますが、フィルムにはネガフィルムのほかにベテランやプロが利用するリバーサルフィルム(ポジフィルムやスライドフィルムともいう)があります。
リバーサルフィルムは現像でスライドになり、ライトボックスやプロジェクターで観賞しますが、プリントにすることも可能でコントラストの効いたメリハリある写真が出来上がります。(スライドからプリントすることをダイレクトプリントと言います)
将来、このリバーサルフィルムに挑戦するのであれば、ある程度の露出(露出補正)の知識が必要になります。
またリバーサルフィルムに挑戦しなくても綺麗な写真を撮るにはやはり適正な露出を心掛ける事が必要です。
面倒かもしれませんが、もう暫くお付き合い下さい。

※2「露出を調整しラチチュードに納まる様にしてくれる」といいましたが、AEも万能ではありませんから必ずし撮影者の意図通りの露出にならないケースがあります。
そういった場合は、撮影者が露出補正することになるのですが、これに関してはまた後で説明したいと思います。

2台目の一眼レフカメラ

2台目の一眼レフカメラ 学生の時、カタログを「いいなぁー」と眺めていたカメラは憧れのNikonでした。
でもNikonは高嶺の花・・・なんだかんやと悩んだ挙句、最終的には予算の問題で当時一番安かったOLYMPUS OM-1を購入しました。
残念ながら憧れのカメラではありませんでしたが、初めてのMyCameraですから愛着も涌きます。
オリンパスOM1はピント、露出はもちろん、巻き上げ、巻き戻し、ISO感度(当時はASA)の設定まで全てマニュアルでしたが、当時はそれが普通と思っていましたから不便と感じることはありませんでした。
小まめに手入れをしながら大事に使っていたのですが、田舎にカメラを置いたまま仙台に来てからはカメラに触ることはありませんでした。
仙台に来た当初「カメラを持ってくるんだったなぁー」と思うことも何度かあったのですが、生活環境の変化に何時しかカメラの存在さえ忘れてしまったのです。
ところが、ふとしたことから?十年振りにカメラ熱が復活、思いもヒートアップ。
「今更手入れもしてない?十年前のカメラは使えないだろうし、さて何を買ったらいいものか・・・。」
第一候補はやはりニコンでしたが、カメラ雑誌などを読むうちキャノンもいいなぁー。
悩んだ挙句選んだのはCanon Eos5(フィルム)、USM LENSが決め手になりました。
ところで、ご存知のように一眼レフカメラはレンズ交換できるのが大きな魅力です。
幸いにも私は今もEOSが気に入っていますのでカメラ(メーカー)を変えようと考えたことはありませんが、何本か交換レンズが揃ってしまうとメーカーを変えるのは金銭的に大変です。
メーカー毎にレンズマウントが違うので、カメラボディーだけを他のメーカーに変更することはできないからです。
ですから、これから一眼レフカメラの購入を計画している人は、ボディーだけでなくレンズ、アクセサリーなども合わせて検討して下さい。
話が少し逸れてしまいました。
それで?十年振りに手にした一眼レフカメラにはAF(AutoFocus)、AE(AutoExposure)はもちろん、DXコードによるISO感度の自動設定、秒数枚の連写からAEB(AutoExposureBracketing)まで、「これは凄い!」
カタログ、雑誌などである程度は知っていたものの実際使ってみるとその快適さに驚きました。
いつの間にか一眼レフカメラは押せば写るバカチョンカメラになっていたのです。
「これは楽しい!」
でもその反面、自分でシャッタースピードなどを設定して撮ろうとすると「どれを回すんだ?」「この花マークは何だ?」・・・。
直ぐに慣れましたが、それはマニュアルのOM1を使っていた経験が助けになったのだと思います。
シーンセレクト(花マーク、山マーク、etc)はいいとして、P、AV、TV、Mなど初めての人には「何のこっちゃ?」でしょう!?
と言うことで、次回からAV、TVなどの説明に移って行くわけですが、絞り優先、シャッター速度優先、プログラムシフトなど言われても「??」でしょうから、とりあえず露出の話から始めることにします。
それでは、(^^)/~~~

一眼レフカメラの構造

コンパクトカメラに比べ大きく重い一眼レフカメラがどんな構造をしているのか、コンパクトカメラと比較しながら説明します。
※イラストはフィルムになっていますが、デジカメの場合はフィルムが撮像素子(CCDやCMOSセンサー)に変わるだけです。
まず誰でも一度は使ったことのあるコンパクトカメラですが、花などをクローズアップで撮った時、ファインダー(被写体を見る窓)では花全体が見えていたのに、出来上がった写真では「花の一部が切れていた」という経験はないでしょうか?
コンパクトカメラでの撮影と視差(パララックス)
これはパララックス(視差)と言われファインダーと撮影レンズが分かれているために起こる現象で、特に近接撮影などで顕著に現れます。
(ただしデジカメの液晶モニターの映像は撮影レンズを通した映像ですからこのようなことはありません。)

これに対し一眼レフカメラはファインダーの映像も撮影レンズを通して見るので、ファインダーで見た映像がそのまま写真になります。
(下のイラストはファインダで被写体を確認している状態です。)
一眼レフカメラの構造

シャッターが開いて、フィルムが露光している瞬間です。

一眼レフカメラの構造(撮影時)
少し詳しく撮影(露光)の仕組みを順に説明すると
1.シャッターボタンを押す。
2.ミラーが上がる。
3.シャッターが開く。
4.フィルムに露光する。(上のイラストの状態)
5.シャッターが閉じる。
6.ミラーが戻る。
※露光とはフィルムに光を当てる事です。
一眼レフで撮影したことがある人なら経験していると思いますが、シャッターを押した時一瞬ですがファインダーが真っ暗になります。
これはミラーが上がってレンズからの映像がファインダーからフィルムに切り替わるためです。

余談になりますが、私はフィルムもデジタルもCanonを使っています。
そのCanonのカメラで撮影時の消失が起こらない機種がありました。
確かEOS RSとか言う機種だったと思いましたが・・・。
仕組みは半透明のミラー(俗に言うマジックミラーのようなも)を使用し常にファインダーとフィルムの両方に映像が流れるようにしたもので、ミラーアップ・リターン動作が無いので高速連続撮影が可能なカメラでした。
確かに他には無い画期的な機能ですが、一般ユーザーにそこまでの機能は必要ないでしょうね。

本題に戻ります。
見た映像がそのまま写ると言ってもそれは写る範囲の事で、明るさや色合いは別の話になります。
また更に正確に言うと写る範囲も一部の機種を除いては、ファインダーで見る映像より広い範囲が写って(記録されて)います。
視野率とは このファインダーで見る映像と実際に記録される映像の違いを割合で表したのが視野率で、カメラの説明書では「視野率 上下左右とも90%」等と記載されています。
もし手元に説明書があるなら製品仕様のファインダーの欄を見て下さい。
たぶん記載されているはずです。

ところで、何故90%とか95%にしていると思いますか?
実はプリントに関係しているそうです。
一般的にサービスサイズのプリント(写真)はオートプリンターという機械でプリントされますが、その際周辺が一部切り取られてプリントされます。
その結果、出来上がったプリントはファインダーで見た映像と同じ様になる訳です。
興味のある人はネガと写真をチェックしてみては?
ただしネガには傷、指紋などを付けない様に慎重に扱って下さい。
デジカメの場合はファインダー一杯に撮影した画像をパソコンなどで確認すれば微妙な違いが直ぐに分かるはずです。
最後に「一部の機種(視野率100%)」とは、EOS 1などプロ向けの高級機の事です。

一眼レフで何を撮る

もう随分と昔のことになりますが、私が初めて手にした一眼レフカメラはオリンパスのOM1でした。
もちろん当時はフィルムカメラしかありません。
機能も今のカメラと比べるとシンプルその物、巻き上げも手動ですから露出さえ見当がつくなら電池は不要でした。
ところが最近のカメラは驚くほどの多機能で、添付されているマニュアルも厚く読むだけでも大変です。
まして初めて一眼レフカメラを手にした人には聞き慣れない専門用語も多いし、果たしてどれほどの人が最後まで読むことか・・・。
でもマニュアルは全部読まなくたって(理解しなくても)、写真は写せるんですよ。
たぶん初めて買った一眼レフカメラは入門機~中級機でしょうから、カメラ任せの全自動機能があると思います。
とりあえず、そこだけ理解して全自動モードで一眼レフカメラ特有のシャッター音を味わいながら撮ってみましょう。
デジタルなら何枚撮ってもタダですし、とにかくシャッターを押してみましょう。
フィルムの場合はフィルムを買った他に現像、プリントと少々授業料が必要ですから、安価で失敗が少ないカラーネガフィルム(ISO200~400)を使うのがいいでしょう。
でもその前に、何を撮るか決まっていますか?
風景、ポートレート、旅のスナップ、子供など撮りたいものがある人はいいのですが、何を撮ったらいいか分からないと言う人はちょっと困ります。
これはカメラの話ではありませんが、時々「パソコンは買ったものの使うのは年賀状印刷だけ」という話を聞きます。
カメラも同じで撮りたいものが無ければホコリをかぶるだけです。
まず何でもいいので撮りたいもの(被写体)を決めましょう。
一つの案としては、自分の好きな物や場所を選ぶといいと思います。
自分の好きな物や場所はよく観たり行ったりするでしょうから長続きすると思います。
参考までに私の場合は風景(山、渓流、滝、花)などを撮っています。
また遠出の減る冬は近場の沼や河川に飛来する白鳥などの渡り鳥を撮っています。
カメラを始めたきっかけはカメラ雑誌で見た風景写真で、「私もこんな写真を撮ってみたい」でした。
悪く言えば物真似ですが、最初はプロの写真を真似して上手くなっていく人が多いと聞きます。
それでも、どうしても何がいいのか分からないと言う人はカメラサークルに所属するのがいいのでは?
私は所属したことはありませんが、カメラメーカーなどにもサークルがあります。
とりあえずはそこで修行しながら好きな物を見つけていけばいいのではないでしょうか。
何事も好きになれば自然と長続きします。
せっかく買ったカメラですから楽しみながら有効に使いましょう。

プロローグ

仙台市内からでも見える冬の蔵王連峰 探検日記は休みと天気に恵まれないとネタ切れで書けない。
そんな休業状態が続いていた土曜の朝、
「オッ!、綺麗な朝焼け、今日はいい天気だ!」
「でも今日は休日出勤だー。 はぁ~力も抜ける (T_T)」
でも今日は蔵王が綺麗に見えてそうだし、多少荷物になるけどカメラを持って出勤してみるか!
実は金曜日の朝、「このカメラ預けるから使ってよ。 そして撮り方教えてよ」と友達から申し出があったのです。
あまりに突然だし、カメラも安物じゃないし、どうしたものか・・・
アマチュア、プロと分類するなら私も紛れも無いアマチュアで、撮った写真を見るたびにあーでもないこーでもないと苦労してるというのに。
そんなアマチュアが雑誌で覚えた程度の知識だけで教えるなんて・・・?
でも、
・初歩的な事だけ
・少し(?)の間違いは勘弁して(見逃して)
の条件付で引き受ける事にしました。
「ん!? それならついでにブログも書いてみるか」なんて軽い気持ちでプログ「初めての一眼レフカメラ」も始めました。
そんな訳ですから、更新も不定期、続かなくなったら突然閉鎖するかもしれませんが、よろしくお願いします。

そしてプログの記念すべき第一回目の写真はその預かったカメラで撮影した蔵王連峰です。
友達のカメラは私のカメラと同じキャノンEOSですが、私のカメラより新しくAFフレームが多くAFも快適、そして画素数も多い。
私もNewModelが欲しくなっちゃいました。
小遣い貯めて買いましょう。 ただブログ同様、休みあり寄り道ありの長い道のりになりそうですが・・・。

トップページ | 2006年1月 »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon