新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« AE(自動露出) | トップページ | 絞りの働き (1) »

シャッターの働き

フィルム(または光センサー)へ露光する光を時間で制御するのがシャッターです。
シャッターはカメラからレンズを外すと見えるミラーの陰(フィルムの直前)にあり、2枚の金属の幕(先幕と後幕)で構成されています。
一眼レフカメラの構造
露光の仕組みを簡単に説明します。
1. シッターボタンを押すと先幕が動き始め、後幕との間に隙間ができます。
2. ある一定の間隔(隙間)をおいて後幕が先幕を追いかけます。
レンズからの光(映像)は、この隙間を通りフィルムに露光します。
3.元の状態に戻ります。
シャッターの動き
ここでのポイントは、「ある一定の間隔」とは常に同じ間隔ではないと言う事です。
イラストでは部分的に開いた状態ですが、スローシャッターになると全開状態になります。
もう気付いた方がいると思いますが、この隙間の大きさで露光する時間を制御しています。
そして、この時間を表したのがシャッター速度です。
(正しくは時間から隙間の大きさ決まるのですが、説明の都合上逆になっています。)
一部ですがシャッター速度の例をあげると、1/2(2分の1秒)、1/4(4分の1秒)、1/8、1/15、1/30、1/60、1/125、1/250、1/500・・・と言う具合に分母が大きくなるほど露光時間が短くなります。
逆に0''5(0.5秒)、1''(1秒)、2''(2秒)、4''、8''・・・と言う具合に数値が大きくなるほど露光時間が長くなります。(表記はCanon Eosの例です)
時間を短くすることを「シャッター速度を早く(高速に)する」といい、逆に長くするこことを「シャッター速度を遅く(低速に)する」といいます。
シャッター速度 その1
この数値の並びは2倍、または1/2倍で、隣との関係(間隔)を“1段”と言います。
たとえば、1/125より「1段速く」とは1/250で、「2段遅く」とは1/30を指します。
ところで、ご自分のカメラと比べ「シャッター速度の間隔が大きい!?」と思われた人はいませんか?
実は、実際の撮影では1/2段または1/3段単位で制御されています。
シャッター速度 その2
参考までに私のカメラ(Canon Eos)は、シャッター速度が30秒~1/4000で、シャッター速度の単位は1/2段(ステップ)、または1/3段(ステップ)を選択できるようになっています。

※1段、1/2段、1/3段のシャッター速度はこちらをどうぞ。

次回は絞りの働きです。
それでは、(^^)/~~~

« AE(自動露出) | トップページ | 絞りの働き (1) »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon