新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 一眼レフで何を撮る | トップページ | 2台目の一眼レフカメラ »

一眼レフカメラの構造

コンパクトカメラに比べ大きく重い一眼レフカメラがどんな構造をしているのか、コンパクトカメラと比較しながら説明します。
※イラストはフィルムになっていますが、デジカメの場合はフィルムが撮像素子(CCDやCMOSセンサー)に変わるだけです。
まず誰でも一度は使ったことのあるコンパクトカメラですが、花などをクローズアップで撮った時、ファインダー(被写体を見る窓)では花全体が見えていたのに、出来上がった写真では「花の一部が切れていた」という経験はないでしょうか?
コンパクトカメラでの撮影と視差(パララックス)
これはパララックス(視差)と言われファインダーと撮影レンズが分かれているために起こる現象で、特に近接撮影などで顕著に現れます。
(ただしデジカメの液晶モニターの映像は撮影レンズを通した映像ですからこのようなことはありません。)

これに対し一眼レフカメラはファインダーの映像も撮影レンズを通して見るので、ファインダーで見た映像がそのまま写真になります。
(下のイラストはファインダで被写体を確認している状態です。)
一眼レフカメラの構造

シャッターが開いて、フィルムが露光している瞬間です。

一眼レフカメラの構造(撮影時)
少し詳しく撮影(露光)の仕組みを順に説明すると
1.シャッターボタンを押す。
2.ミラーが上がる。
3.シャッターが開く。
4.フィルムに露光する。(上のイラストの状態)
5.シャッターが閉じる。
6.ミラーが戻る。
※露光とはフィルムに光を当てる事です。
一眼レフで撮影したことがある人なら経験していると思いますが、シャッターを押した時一瞬ですがファインダーが真っ暗になります。
これはミラーが上がってレンズからの映像がファインダーからフィルムに切り替わるためです。

余談になりますが、私はフィルムもデジタルもCanonを使っています。
そのCanonのカメラで撮影時の消失が起こらない機種がありました。
確かEOS RSとか言う機種だったと思いましたが・・・。
仕組みは半透明のミラー(俗に言うマジックミラーのようなも)を使用し常にファインダーとフィルムの両方に映像が流れるようにしたもので、ミラーアップ・リターン動作が無いので高速連続撮影が可能なカメラでした。
確かに他には無い画期的な機能ですが、一般ユーザーにそこまでの機能は必要ないでしょうね。

本題に戻ります。
見た映像がそのまま写ると言ってもそれは写る範囲の事で、明るさや色合いは別の話になります。
また更に正確に言うと写る範囲も一部の機種を除いては、ファインダーで見る映像より広い範囲が写って(記録されて)います。
視野率とは このファインダーで見る映像と実際に記録される映像の違いを割合で表したのが視野率で、カメラの説明書では「視野率 上下左右とも90%」等と記載されています。
もし手元に説明書があるなら製品仕様のファインダーの欄を見て下さい。
たぶん記載されているはずです。

ところで、何故90%とか95%にしていると思いますか?
実はプリントに関係しているそうです。
一般的にサービスサイズのプリント(写真)はオートプリンターという機械でプリントされますが、その際周辺が一部切り取られてプリントされます。
その結果、出来上がったプリントはファインダーで見た映像と同じ様になる訳です。
興味のある人はネガと写真をチェックしてみては?
ただしネガには傷、指紋などを付けない様に慎重に扱って下さい。
デジカメの場合はファインダー一杯に撮影した画像をパソコンなどで確認すれば微妙な違いが直ぐに分かるはずです。
最後に「一部の機種(視野率100%)」とは、EOS 1などプロ向けの高級機の事です。

« 一眼レフで何を撮る | トップページ | 2台目の一眼レフカメラ »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon