新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 絞りと描写 (1) | トップページ | 走る車を撮りたい(置きピン) »

絞りと描写 (2)

前回の説明で被写界深度と絞りの関係が理解できたと思います。
しかし、被写界深度を左右するのは絞りだけではありません。
「エー! まだあるの~・・・」と言わないで、続きを読んで下さい。
雑誌、ポスターなどで、モデルさんが背景から浮き上がるようなポートレートを見たことがあると思います。
そんな写真はモデルさんに目線が集中します。
もちろんモデルさんが綺麗と言う事もありますが、背景がボケて簡略されている分モデルさんに注意が向きます。
どうです? こんな写真を撮りたい!、こんな風に撮られたい!と思いませんか?
それでは、新たな意欲が出てきたところで、説明を始めます。
絞り以外に被写界深度を左右するものの一つ目はレンズの焦点距離です。
焦点距離と被写界深度の関係 絞りと被写体までの距離が同じなら、レンズの焦点距離が長い(望遠レンズ)ほど被写界深度は浅くなります。
言い換えれば、焦点距離の短い(広角レンズ)ほど被写界深度は深くなります。


そして二つ目は、被写体までの距離です。
被写体までの距離と被写界深度の関係 絞りとレンズの焦点距離が同じなら、被写体に近付くほど被写界深度は浅くなり、逆に被写体から離れるほどに被写界深度は深くなります。

以上の事を整理すると
<被写界深度を浅くしたい時>
・絞りを開ける(F値を小さくする)
・望遠レンズを使う(ズームレンズの場合はテレ側にする)
・被写体に近付く。

<被写界深度を深くしたい時>
・絞りを絞る(F値を大きくする)
・広角レンズを使う(ズームレンズの場合はワイド側にする)
・被写体から離れる。

これらのことを頭に入れ、プレビューボタンを活用すれば、被写界深度のコントロールはそれほど難しくないはずです。このあたりで、終了したいところですが、最後に注意を。
・背景をぼかしたい場合でも、メインの被写体と背景が近いと背景のぼけは小さくなります。 背景を大きくぼかしたい場合はメインの被写体と背景に距離をとります。
・あまり被写界深度を浅くすると、体の前後のゆれだけでもピンボケになります。(マクロ撮影など)
・望遠レンズは絞り込んでも、それほど深い被写界深度を得ることは出来ません。 近景から遠景までピントの合った写真(パンフォーカス)を撮りたい時は広角レンズを使いましょう。

撮影例
<トンボ>
トンボCamera:Canon EOS D60(デジタル)
Lens:Canon EF28-135mm(135mm)
ISO:400(中央部重点平均)
T:1/350 A:F5.6 手持ち

« 絞りと描写 (1) | トップページ | 走る車を撮りたい(置きピン) »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon