新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 目次 | トップページ | 標準露出とAE(自動露出) (3) »

標準露出とAE(自動露出) (2)

(前回からの続きです)
キャノンEOSのモードダイヤルの位置 一眼レフカメラには自分なりの表現をするのに便利な機能があります。
それがモードダイヤルにあるTV、AV、PなどのAE(自動露出)です。
これらは全てAEですから、どのモードを使用しても標準露出が得られますが、被写体によって使い分けるとより快適に撮影できるでしょう。


・TV(TimeValue:タイムバリュー):シャッター速度優先AE

撮影者がシヤッター速度を選択すると、カメラが標準露出に合わせ絞りを設定します。
グラフを例にすると、シャッター速度を1/250に設定すると、絞りはF4になります。
被写体を変えても、明るさが変わっても設定したシャッター速度は変わらず、絞りだけが標準露出に合わせて変わります。
スポーツや動物、滝など動きのある被写体の瞬間を写し止めたり、逆にぶらして流動感、躍動感を表現したりする場合など、シャッター速度を設定(優先)して撮る場合に適しています。
(Canon EOSの場合は、電源を切ってもその値が保持されます)

・AV(ApertureValue:アパチャーバリュー):絞り優先AE
撮影者が絞りを選択すると、カメラが標準露出に合わせシヤッター速度を設定します。
グラフを例にすると、絞りをF4に設定すると、シャッター速度は1/250になります。
TVとは逆に明るさが変わっても設定した絞りは変わらず、シャッター速度だけが変わります。
ポートレートで背景をぼかしたり、風景をパンフォーカス(※1)にする場合など、絞りを設定(優先)して撮る場合に適しています。
(Canon EOSの場合は、電源を切ってもその値が保持されます)
※1パンフォーカス:近影から遠景までピントの合った写真

・P(Program):プログラムAE
標準露出のシヤッター速度と絞りの組み合わせを撮影者が選択するモードです。
グラフを例にすると、「絞り=F4、シャッター速度=1/250」「絞り=F8、シャッター速度=1/60」「絞り=F16、シャッター速度=1/15」の中から選択します。
例えば、最初に(カメラによって)設定された露出が「絞り=F4、シャッター速度=1/250」だったとします。
「もう少し被写界深度(※2)が深い方がいいかな?」と思える場合は、ダイヤルで「絞り=F4、シャッター速度=1/250」=>「絞り=F8、シャッター速度=1/60」に変更(シフト)させることができます。
AV、TVの両方の使い方ができますが、最初に表示されるシャッター速度と絞りの組み合わせは毎回カメラ任せになります。
※2被写界深度:ピントの合う範囲のことです。

これら(TV、AV、P)のモードは操作性を向上させるための機能ですから、どのモードを使用しても同じ露出を選択することが可能です。
ただし、TV、AVを使用しても選択したシャッター速度、絞り、光の状況によっては標準露出で撮影できない場合があります。
例えばTVモードでは、暗い場所で高速シャッター速度を選択したり、明るい場所で低速シャッター速度を選択したりすると絞りが対応できず露出アンダー、露出オーバーになってしまいます。
同様にAVモードでも、明るい場所で絞りを開くとシャッター速度が対応できず露出オーバーになってしまいます。
では、(AVモードで)逆に絞り込んだ場合は露出アンダーになるかと言うと、必ずしも露出アンダーにはなりません。
それは、シャッター速度には最大30秒(CanonEOSの場合)までの長時間露光があるからです。
しかし、手持ちで撮影できるのは30秒はおろか50mmレンズでも1/60秒前後が限界でしょう。
AEだから大丈夫と気を抜かず、ファインダーのシャッター速度、絞りは常にチェックするように心がけましょう。

キャノンEOSの露出警告 Canon EOSではシャッター速度、絞りが対応できない場合、ファインダー内の絞り(またはシャッター速度)が点滅します。
対応としては点滅しない絞り(またはシャッター速度)に変更したり、デジカメならISO感度を調節するなどします。
これらについてはまた別の機会に説明します。

最後にWEBで公開されているカメラカタログからメーカー毎の主なAEの名称を調べてみました。

<キャノン>
P:プログラムAE
TV:シャッター優先AE
AV:絞り優先AE
M:マニュアル露出

<ペンタックス>
P:プログラム自動露出
TV:シャッター優先自動露出
AV:絞り優先自動露出
M:マニュアル露出

<ニコン>
P:マルチプログラムオート
S:シャッター優先オート
A:絞り優先オート
M:マニュアル

<オリンパス>
P:プログラム撮影
S:シャッター優先撮影
A:絞り優先撮影
M:マニュアル撮影

名称は多少違っても、記号はキャノンとペンタックス、ニコンとオリンパスが同じになっていました。

それでは、(^^)/~~~

« 目次 | トップページ | 標準露出とAE(自動露出) (3) »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon