新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 絞りと描写 (2) | トップページ | フィルムの基本 (1) »

走る車を撮りたい(置きピン)

実は友達に「カメラのブログを始めたから読んでみて」とPRしてたのですが、その感想は
「難しすぎて分かんないです。」
「もっと、易しくなりませんか? 私、レースを撮ってみたいんですけど。」
「エー! もっと易しく!?・・・んー、これは困った。」
と、言うわけで、いろいろ悩んだ結果、「とりあえず撮ってみたい編」を追加することにしました。
(とりあえずなので、説明していない用語には簡単に説明を入れますが、詳しく知りたい場合は当面カメラに添付の説明書を読んで下さい。)
その初回は、友達の要望に応え「走る車を撮りたい」です。
私がそうでしたが、カメラで動く被写体を撮る場合、苦労するのはピント合わせでしょう。
AFが進歩したとはいえ、それ以前に被写体をフォーカスエリアから外れないよう追尾するのには慣れが必要です。
でも、ご安心を!
今回はAFも追尾も不要な「置きピン」と言われる撮影方法です。
これは、あらかじめ被写体の動きを予測してピントを合わせておき、被写体がそのポイントに来た時にシャッターを切る撮影方法で、自動車レース、鉄道写真などでよく利用されます。

では、自動車レースを例に説明します。
置きピンの説明1 レースは走るコースが決まっていますから、自分の撮りたいポイント(例えばコーナーの立ち上がり)で、車の位置(通過点)を確認します。
私はレースを撮ったことはありませんが、スタンド前などストレートを高速で疾走する車を真横から捕らえるのは至難の業(?)、私ならスピードが落ちるコーナー付近、ストレートなら撮影者のいる場所の手前(通過前)を選ぶと思います。

通過ポイントが確認できたなら、カメラのセッティングをします。
0.もし三脚があるなら、三脚を立てカメラを取り付け、レリーズ(リモートスイッチ)をセットします。
1.レンズフードを取り付けます。
※レンズフードはレンズに日光などが入り込むことで発生するフレア、ハレーションを防ぐばかりでなく、レンズに付くゴミ、ホコリを防ぐのにも有効です。
2.測光方式は評価測光(多分割測光)にします。
3.AE(自動露出)はTV(シャッター速度優先AE)にします。
4.シャッター速度は、止めるなら1/500~1/1000秒、ぶらすなら1/60~1/125秒が目安でしょう。
※シャッター速度については、「シャッター速度と描写」を参照してください。
5.フォーカスモードは、AF(オートフォーカス)ではなく、必ずMF(マニュアルフォーカス)にします。
6.通過ポイントに合わせ、ファインダーをのぞきながらピントリングを回してピントを合わせます。
この時、なるべく中央のAFフレームで被写体(車)を捕らえるようにします。
これは普通、MF(マニュアルフォーカス)と評価測光の組み合わせの場合、中央のAFフレームで露出が計算されるからです。

置きピンの説明2 以上でセッティングは完了です。
そして、お目当ての車がピントを合わせた通過ポイントに来た時、リモートスイッチ(シャッター)を押せばバッチリ写っているはず(?)です。
シャッターを切るタイミングですが、通過ポイントよりほんの気持ち手前で切ります。
「今だ!」と思って押したのでは、認知~押す動作~シャッターのタイムラグなどで少し遅れてしまうからです。
また、高速連写が可能なカメラならドライブモードを連写(連続撮影)にして、2枚ほど撮っておくと安心でしょう。

最後にフィルムについて触れておきます。
高速シャッターを使用する場合、考えておかなければならない事に天候(明るさ)があります。
どんより曇り空に低感度フィルムでは高速シャッターを選択できなくなります。
デジカメの場合なら、その場でISO感度を変更できますが、フィルムの場合は途中から感度を変えることはできません。
曇りの時も考えISO400のフィルムも準備しておいた方が良いでしょう。
(撮影前であれば増感するという手もありますが・・・また話が長くなるので別の機会にします)

<用語説明>
オートフォーカス:自動ピント合わせのことです。
マニュアルフォーカス:ファインダーをのぞきながらピントリングを手動で回してピントを合わせることです。
フォーカスエリア(測距点):カメラがピントを合わせる場所で、ファインダーでは四角い枠(3~9箇所位)がある部分です。
測光方式:カメラが露出を決定する方式(光の測り方)で、中央部重点平均測光、多分割(評価)測光、部分測光などがあります。
ISO感度:光を感じる度合いのことで昔はASAと言いました。

« 絞りと描写 (2) | トップページ | フィルムの基本 (1) »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon