新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

リバーサルフィルムへ挑戦 (1)

リバーサルフィルムはポジフィルムとも呼ばれ、現像するとスライドになります。
このブログを読んでいる方の多くは、リバーサルフィルムはプロ向けで、価格面、技術面とも敷居が高いと思われてるのでは!?
事実、リバーサルフィルムはネガフィルムに比べ割高で、ラチチュードも狭く露出補正の知識が必要です。
ネガフィルムにはネガフィルムの長所あり、ネガフィルムを使い続けても何ら問題はありません。
でも、一眼レフカメラにも慣れ、シャッターを押すことに楽しみを感じてきたなら、一度リバーサルフィルムで気に入った風景でも写してみませんか?
その美しさに益々写真が楽しくなると思います。
ところで、リバーサルフィルムを勧めておきながら露出補正の説明がまだでした。
ただ、露出補正は露出計、測光方式とも関連が深いので改めて説明しますが、今回は簡単に「露出補正とは黒い物を黒く、白い物を白く写すために、カメラにアドバイスすること」とだけ言っておきます。
今一ピンとこないと思いますが、とりあえず今回はこの程度で我慢してください。

それでは、リバーサルフィルムを楽しむ為の必要な用具からです。
スライドはライトボックスとルーペ、またはプロジェクターで拡大して観賞します。
プロジェクターは少し高価なので、手軽に始めるならライトボックスとルーペ、またはそれらが一体となったスライドビューアーがいいでしょう。
ルーペは大きさ、倍率、値段も様々ですが、最初は倍率が低くくスライド全体が見える大きめのルーペがいいと思います。
倍率の高いルーペはぶれ、ピンボケなど細部のチェックに有効ですが、それはダイレクトプリント(リバーサルプリント)で大きくプリントするようになった時にでも用意すればいいと思います。

次はフィルム選びです。
リバーサルフィルムは、フジクローム系(フジフィルム)、コダクローム系(コダック)、エクタクローム系(コダック)、コニカミノルタクローム系(コニカミノルタ)などがあります。
プリントで完成するネガフィルムと違い、現像で写真が完成するリバーサルフィルムは、写真にフィルムの個性(性格)が現れるので、フィルム選びは重要です。
フィルムの個性(性格)というのは、色の再現性や彩度、粒状性(シャープネス)や階調などで、色を忠実に再現するタイプ、実物以上に鮮やかに再現するタイプなど様々です。
ただ、これらを個人で調べる(比べる)のは困難ですから、カメラ店などにあるフィルムカタログを参考に選ぶといいでしょう。

参考までに私はフジクローム系を使っているので、その中からお勧めするとしたら自然な色合いのフジクローム PROVIA(プロビア) 100F Professional、鮮やかな発色のフジクローム Velvia(ベルビア) 100 Professionalでしょうか。
どちらもデーライトタイプ、ISO100の標準感度のフィルムです。

フィルム選びの最後におまけとして豆知識を。
と言っても、以前雑誌で読んだ話で私たちには無縁のことですが、フィルムのパッケージには乳剤番号(エマルジョン番号、製造番号など)が記載されています。
フィルムは高度な技術で作られていますが、製造ロット毎に微妙なばらつきが出る場合があるのだそうです。
もちろん私はばらつきなんて感じたことはありませんが、厳密な仕事を要求されるプロは、この違いによるばらつきが出ないように同じ乳剤番号を購入したり、撮影時に補正をするのだそうです。
んー!、厳しい世界です。

今回はここまで、続きは次回にします。
それでは、(^^)/~~~

このブログについて

・作者は素人です。
作者のカメラ知識は素人に毛の生えた程度で、そのほとんどが独学で得たものです。
その為、必ずしも正しいことばかりを書いているとも限りませんので、疑問を持った方はご自身でご確認下さい。
作者自身も「エー! こうだったかなぁー」と悩んで書いていますから!

・作者はキャノンユーザーです。
作者は、フィルム、デジタルともキャノンのカメラ(Canon EOSとIXY)を愛用しいてます。
その為、キャノン特有の用語、または機能で説明する場合があります。
キャノンユーザー以外の方には申し訳ありませんがご了承願います。

・過去の記事でも変更しています。
普通ブログは日記風ですが、このブログは日記というより本に近い作りになっています。
その為、過去の記事で誤り以外でも、説明が不十分と思った時はその都度修正しています。
「以前読んだ時と違うなぁー」と感じる方がいると思いますが、ご了承願います。

以上の点を踏まえた上で、当ブログをお楽しみ下さい。

白黒、カラーネガからリバーサルフィルムへ

私のカメラの始まりは白黒フィルムでした。
部屋を改造して暗室も作りました。
暗室といっても床の間に暗幕を張っただけの簡単なもので、もちろん、そんな場所に水道なんて引けるはずもなく水洗いは一度バケツに溜め置きした水で洗ってから洗面所に持っていったり、暗幕一枚では完全に遮光することが出来なかったので、焼付け(プリント)はみんなが寝静まった深夜の作業でした。
狭い暗室、赤い電球の下で現像液に浸した印画紙から徐々に現れる画像に一喜一憂していたと覚えています。
今のデジカメのように「撮ってプリンタを接続すれば、ハイ出来上がり」に比べると、恐ろしく時間のかかる作業ですが、そこは趣味の世界ですから、時間と手間は関係なく楽しいんですね。
フィルム現像だけなら暗室も不要なので、今でも少々道具を購入すれば明日にでもやれることですが、ラボ任せの便利さとスキャナー、デジタルカメラ、パソコンなどドライな処理から現像液など水物を扱うウェットな処理に再チャレンジするには、少々腰が重くなってしまったようです。

ところで、今回のタイトルは「白黒、カラーネガからリバーサルフィルムへ」でしたね。
現像もラボ任せにするようになると、使うフィルムはもっぱらカラーネガフィルムへと変わりました。
カメラ雑誌を参考にフジ、コダック、コニカ、ISO感度も下はISO25から上はISO1600まで様々なフィルムを使ってみましたが、フィルム毎の違いをさほど感じられず、出来上がる写真も雑誌に掲載されてる写真とは段違いの出来。
まぁープロの撮った写真と比べる事自体が愚かなのですが、「これはフィルムが違うんだ」と身勝手な考えから、リバーサルフィルムへのチャレンジを始めました。
確かリバーサルフィルムの一本目は栗駒山だったと思います。
帰ってからラボに現像を依頼し、ライト、レンズが一体となったビューアーを購入して待つこと3、4日。
出来上がったスライドの鮮やかな発色・色彩美に感激!
「ヘェー! スライドって、こんなに綺麗なんだぁー!!」
もうそれからは、リバーサルフィルムの虜でした。
ただ、発色、抜けの良さと同時にネガでは全く気にならない(分からない)ような露出の違いが顕著に現れるリバーサルフィルムの特性に一苦労です。
ネガフィルムの場合はプリント時に補正できますが、現像で写真が完成するリバーサルフィルムはシャッターを切った瞬間に成否が決まります。
アンダー、オーバーも撮影者の意図(露出)通りに出来上がります。
これはリバーサルフィルムの魅力であり、また、厄介で面倒なところでもあります。
悩みながら露出補正はするも、なかなか思い通りにはならず失敗作も多く作ってしまいました。
恥ずかしながら正直言うと「多く作ってしまいました」ではなく、「多く作っています」の現在進行形ですが、今はその数は減っています。
「そんなに綺麗なの?」と興味を持った人は、是非一度リバーサルフィルムにチャレンジしてみてはどうですか!?
失敗作があったって、へっちゃらですよ。
最初から上手くいくなんてそうそうありませんから!
誤解のないように付け加えておきますが、こんな事を言う私は如何にも上手いように聞こえますが、前にも言いましたが決してそんな事はありません。
今でも失敗作を撮り続けていますから!

用語説明と索引

[あ]  [か]  [さ]  [た]  [な]  [は]  [ま]  [ら]

[A] [D] [I] [M] [P] [T]

<あ>

アイカップ(アイピース)
ファインダー(接眼部)に付けるゴム状の部品のことです。
アイカップ(アイピース)
 
アイピースシャッター ・・・ファインダーにある機構
ファインダーから眼を離して撮影する際、ファインダーから入り込む光で露出が狂わないようにファインダーをふさぐ幕のことです。
アイピースシャッター
 
アクセサリーシュー
カメラに単体ストロボ(フラッシュ)などのアクセサリーを取り付ける部分をいいます。
アクセサリーシュー
 
アンダー ・・・露出に関連する用語
露出不足(露出が足りないこと)、若しくは、露出を下げることをいいます。
アンダーの反対は「オーバー」です。
==>AE(自動露出)

一脚 ・・・アクセサリー
カメラぶれを防ぐためのアクセサリーです。
三脚の脚が一本になったようなもので、三脚同様カメラぶれを防ぐためのアクセサリーですが、構造上自立できないので完全にぶれを抑えることは出来ません。

色温度
光源の色(温度)を表す数値で、普通単位はK(ケルビン)です。
色温度が高いと青っぽい写真になり、逆に低いと赤っぼい写真になります。

インターネガ
リバーサルフィルムからネガカラーフィルムを作る(複製する)ことです。
リバーサルフィルムから大量にプリントするなら、インターネガを作成してネガプリントした方が安くなります。
==>リバーサルフィルムへ挑戦 (2)

エクステンションチューブ(中間リング、接写用中間リング)
被写体を大きく写す為のアクセサリーで、レンズとカメラの間に装着します。
(エクステンションチューブはレンズの最短撮影距離を短くするアクセサリーです。)
同じように被写体を大きく写す為のアクセサリーにクローズアップレンズがあります。

置きピン ・・・撮影手法
予め被写体の通過ポイントにピントを合わせておき、被写体がそのポイントに来た時に撮影する手法で、モータースポーツ、鉄道写真などの撮影に使われます。
==>走る車を撮りたい

オートフォーカス(AF)
自動ピント合わせ(AF:AutoFocus)のことで、カメラが被写体にピント(焦点)を合わせいてくれる機能です。
ピントを合わせる場所(エリア)はフォーカスエリア(AFフレーム)と呼ばれ、カメラ毎にその数や並び方は違います。
==>オートフォーカス (2)

オーバー ・・・露出に関連する用語
露出過多(露出が多いこと)、若しくは、露出を上げることをいいます。
オーバーの反対は「アンダー」です。
==>AE(自動露出)

<か>

開放(開放値) ・・・露出に関連する用語
レンズの持つ絞りを最大に開ける事(F値を最小にする事)で、その値はレンズ毎に異なります。
==>絞りの働き(2)

カラーベタ(ベタ焼き、密着プリント)
写真を一覧できるように、まとめて小さくプリントしたもので、写真(ネガ)の整理、同時プリントしないで気に入った写真だけプリントしたい場合に重宝します。
==>フィルムの保管方法

逆光 ・・・光の向き
撮影する被写体に対し光源が被写体の後方にある状態をいいます。(=>順光、斜光)

クローズアップ撮影(接写)
被写体に近付いて大きく撮ることです。

<さ>

三脚座
レンズ(カメラ)を三脚や一脚に固定する部品のことです。
大型で重いレンズを装着した際のバランスをとるのと、マウントへの負担を減らします。
三脚座
 
視差(パララックス)
ファインダーで見る範囲とフィルムに写る範囲がずれる事で、コンパクトカメラなどで起こる現象です。
==>一眼レフカメラの構造

視度調節機構 ・・・ファインダーにある機構
ファインダーが鮮明に見えるように視度を調節できる機構のことです。
視度調節機構
 
自動段階露出(AEB)
予め補正幅を指定しておけば、カメラが自動的に露出を変えて撮影してくれる機能です。
==>活用したいAEB

絞り
穴の大きさを変えることで露光(露出)を調節する機構で、レンズ内部にあります。
==>絞りの働き(1)

絞り込みボタン(プレビューボタン)
被写界深度(ピントの合っている範囲)をファインダーで確認できる機構の事です。
==>絞りの働き(2)  絞りと描写(1)

視野率
ファインダーで見える範囲と、実際にフィルム、またはメモリーに記録される画像の範囲を比率で表した数値です。
ファイルダーで見る範囲の方が小さく、一般向けのカメラは90%前後ですが、プロ用に視野率100%のカメラもあります。
==>一眼レフカメラの構造

シャッター
光を遮光する幕(板)で、開いている時間で露光(露出)する量を調節する機構です。
==>シャッターの働き

斜光 ・・・光の向き
撮影する被写体に対し光源が被写体の横や斜め前方にある状態をいいます。(=>順光、逆光)

順光 ・・・光の向き
撮影する被写体に対し光源が被写体の正面にある状態をいいます。(=>逆光、斜光)

焦点距離
レンズの中心から像を結ぶまでの距離の事です。
この焦点距離が長いレンズを望遠レンズ、短いレンズは広角レンズと呼ばれます。

ズームリング
ズームレンズの焦点距離を変えるリングのことで、単焦点レンズにはありません。

ズームレンズ
焦点距離を変えられるレンズのことです。
※焦点距離が変えられないレンズは単焦点レンズと言います。

スプロケット
カメラ内部にあるフィルムを巻き上げる為の歯車のことで、フィルムのパーフォレーションと噛み合います。
==>フィルム装着の仕方と注意

接写(クローズアップ撮影)
被写体に近付いて大きく撮ることです。

増感処理
既定のフィルム感度を、現像処理で感度を上げることです。
例えばISO400のフィルムを、現像時にISO800にします。
(極端な増感は画質を低下させます。)
==>フィルムの基本(3)

測光方式
カメラが露出を決定する方式(光の測り方)で、中央部重点平均測光、多分割(評価)測光、部分測光などがあります。

<た>

ダイナミックレンジ

フィルムで言うところのラチチュードにあたり、画像として再現(処理)できる範囲をいいます。
==>AE(自動露出)

ダイレクトプリント(リバーサルプリント)
リバーサルフィルムからプリントすることです。
ネガフィルムからプリントするより割高になります。
==>リバーサルフィルムへ挑戦 (2)

タングステンタイプ ・・・フィルム
写真用ライトの下で撮影することを前提に製造されたフィルムタイプのことです。(=>デーライトタイプ)
==>フィルムの基本(1)

単焦点レンズ
焦点距離が変えられないレンズのことです。
※焦点距離が変えられるレンズはズームレンズと言います。

中間リング・接写用中間リング(エクステンションチューブ)
被写体を大きく写す為のアクセサリーで、レンズとカメラの間に装着します。
(エクステンションチューブはレンズの最短撮影距離を短くするアクセサリーです。)
同じように被写体を大きく写す為のアクセサリーにクローズアップレンズがあります。

長時間露光(バルブ撮影)
バルブ機構を利用した撮影方法で、星の軌跡など長時間シャッターを開いて撮影する手法です。

デーライトタイプ ・・・フィルム
一般的に広く使われているフィルムのほとんどがこのタイプで、日中の太陽光の下で撮影することを前提に製造されたフィルムタイプのことです。(=>タングステンタイプ)
==>フィルムの基本(1)

手ぶれ
手持ち撮影で露光中(シャッターが開いている時)カメラを持った手が動くことで、不鮮明な写真になることを言います。
==>シャッター速度と描写(1)

トリミング
現像(引伸ばしプリント)する時にフィルムに写っている画像から不要な部分をカットしてプリントすることです。
==>もっとネガフィルムを楽しむために

<な>

流し撮り
動く被写体を追従しながら低速シャッターで撮影する手法で、背景がぶれ、スピード感、流動感を表現できます。
==>シャッター速度と描写(2)

ネガフィルム(ネガカラーフィルム)
プリントすることを前提にしたフィルムで、現像するとネガ(陰画)になります。
安価で、ラチチュードが広く扱いやすいので広く一般に使用されているフィルムです。
==>ネガとポジ

<は>

パーフォレーション
フィルムの両端に空いた穴のことです。
パーフォレーション ==>フィルム装着の仕方と注意

 
パトローネ
フィルムが収納されているケースの事です。
パトローネ==>フィルムの基本(1)
 
パララックス(視差)
ファインダーで見る範囲とフィルムに写る範囲がずれる事で、コンパクトカメラなどで起こる現象です。
==>一眼レフカメラの構造

バルブ
シャッターボタンを押している間、シャッターが開いている機構のことです。
星の軌跡などを撮影する場合に使用します。
==>シャッター速度と描写(2)

バルブ撮影(長時間露光)
バルブ機構を利用した撮影方法で、星の軌跡など長時間シャッターを開いて撮影する手法です。
==>シャッター速度と描写(2)

ハレーション
強い光が当たった部分がにじんだり、回りが白くなる現象をいいます。

パンフォーカス
近影から遠景までピントの合っていることを言います。
==>シャッター速度と描写(2)

被写界深度
ピントの合っている範囲のことで、レンズの焦点距離、被写体までの距離、絞りで変わります。
==>シャッター速度と描写(2)

ヒストグラム
撮影した画像の輝度分布を表したグラフで、画像の明るさ、暗さの傾向を把握できます。
輝度以外にRGB(色成分)も表示できるモデルがあります。
==>ヒストグラム

ピントリング
レンズの機構でピントを調節するリングのことです。

ファインダー
被写体を確認する(覗く)小窓のことで、一眼レフカメラの場合はフィルムに写る範囲を確認できます。(確認できる範囲は90~100%でカメラによって多少異なります)
==>一眼レフカメラの構造

フォーカスフレーム(フォーカスエリア、AFフレーム)
カメラがAF(自動ピント合わせ)するフレーム(枠)のことです。
ファインダーを覗いた時に見える複数の小さなフレームで、メーカー/モデル毎に数、並び方が違います。
==>オートフォーカス (2)

フォーカスロック
AFモードがワンショットAF(シングルAF)の場合、シャッター半押しで一旦ピントが合うと、半押ししている間はピント位置が固定される機能です。
==>フォーカスロック

フレアー
交換レンズ内ののレンズ面、筒で光が反射し、画像がにじんだり、コントラストが低下する現象をいいます。
※この現象を利用しているのがソフトフォーカスレンズです。

フレーミング
ファインダーを覗きながら写真に写す範囲を決めることです。
※現像(引伸ばしプリント)時に不要な部分をカットすることは、トリミングといいます。

プレビューボタン(絞り込みボタン)
被写界深度(ピントの合っている範囲)をファインダーで確認できる機構の事です。
==>絞りの働き(2)  絞りと描写(1)

ベタ焼き(カラーベタ、密着プリント)

写真を一覧できるように、まとめて小さくプリントしたもので、写真(ネガ)の整理、同時プリントしないで気に入った写真だけプリントしたい場合に重宝します。
==>フィルムの保管方法

ポジフィルム(リバーサルフィルム)
リバーサルフィルムのことで、現像するとスライド(ポジ)になるフィルムです。
発色が良く、印刷原稿に適していることからプロ、写真愛好家に使用されているフィルムです。
==>ネガとポジ

<ま>

マウント
スライドフィルムを観賞、保管するためのプラスチック製や紙製のフレーム(枠)のことです。
==>リバーサルフィルムへ挑戦 (2)

密着プリント(ベタ焼き、カラーベタ)
写真を一覧できるように、まとめて小さくプリントしたもので、写真(ネガ)の整理、同時プリントしないで気に入った写真だけプリントしたい場合に重宝します。
==>フィルムの保管方法

<ら>

ラチチュード
フィルムの露出に対する許容度のことで、画像として再現できる範囲をいいます。
デジタルカメラでは、ダイナミックレンジにあたります。
==>AE(自動露出)

ラボ
フィルムの現像、プリントを行う専門店の事です。
プロカメラマンを対象にしているラボはプロラボとも言われいます。

リバーサルフィルム(ポジフィルム)
リバーサルフィルムはポジフィルムとも呼ばれ、現像するとスライド(ポジ)になるフィルムです。
発色が良く、印刷原稿に適していることからプロ、写真愛好家に使用されているフィルムです。
==>ネガとポジ

リバーサルプリント(ダイレクトプリント)
リバーサルフィルムからプリントすることです。
ネガフィルムからプリントするより割高になります。
==>リバーサルフィルムへ挑戦 (2)


リモートスイッチ(レリーズ)
カメラ本体に直接触れることなく、シャッターを切るためのアクセサリーです。
三脚を利用して撮影する場合に使用します。

レリーズ(リモートスイッチ)
カメラ本体に直接触れることなく、シャッターを切るためのアクセサリーです。
三脚を利用して撮影する場合に使用します。

レンズフード
レンズにゴミや日光が入り込むことで防ぐ筒状のアクセサリーです。
レンズの焦点距離(画角)によって長さが異なります。

レンズマウント
レンズ交換式カメラのカメラとレンズを結合する部分で、その形式はカメラメーカー毎に異なります。

露光(露出)
フィルム、または撮像素子(CCD、CMOSなどの光センサー)に光を当てることです。
==>AE(自動露出)

<A>

AE
自動露出(AutoExposure:オートエクスポジャー)のことで、カメラが自動的に標準露出を設定してくれる機能です。
代表的なものにTV(TimeValue)、AV(ApertureValue)、P(Program)などがあります。
==>AE(自動露出)  標準露出とAE(2)

AEB(自動段階露出)
予め補正幅を指定しておけば、カメラが自動的に露出を変えて撮影してくれる機能です。
==>活用したいAEB

AF
自動ピント合わせ(AutoFocus:オートフォーカス)のことで、カメラが被写体にピント(焦点)を合わせいてくれる機能です。
ピントを合わせる場所(エリア)はフォーカスエリア(AFフレーム)と呼ばれ、カメラ毎にその数や並び方は違います。
==>オートフォーカス (2)

AFフレーム(フォーカスフレーム、フォーカスエリア)
カメラがAF(自動ピント合わせ)するフレーム(枠)のことです。
ファインダーを覗いた時に見える複数の小さなフレームで、メーカー/モデル毎に数、並び方が違います。
==>オートフォーカス (2)

AV
AV(ApertureValue:アパチャーバリュー)はAEの一つで、絞り速度優先AEのことです。
絞りを選択するとシャッター速度はカメラが自動設定します。
※キャノンとペンタックスはAV、ニコンとオリンパスはAと表記されています。
==>標準露出とAE(2)

<D>

DXコード
フィルムの種類、ISO感度、撮影枚数などを表すコードで、フィルムパトローネに付けられています。
※フィルムをセットするとカメラがこのコードを読み取り、ISO感度、撮影枚数を自動設定します。
==>フィルムの基本(1)

<I>

ISO感度(イソ感度)
フィルムの光を感じる度合いを数値で表したもので、数値が大きいほど高感度(光に敏感)になります。 昔はASAと表記されていました。
==>フィルムの基本(1)  フィルムの基本(2)  フィルムの基本(3)

<M>

MRC
MRC(ミッドロールチェンジ)とは、撮影途中のフィルムでも交換できる機能です。
取り出したフィルムを、再度カメラに装着すると続きから撮影できます。
例えば撮影状況の変化によって別のISO感度のフィルムを使いたい時など、この機能があると便利です。
==>フィルムの基本(3)

<P>

P
P(Program)はAEの一つで、プログラムAEのことです。
撮影者がカメラが決めた標準露出(シャッター速度と絞り)の組み合わせの中から選択する方式です。
==>標準露出とAE(2)

<T>

TTL
Through The Lensの略で、撮影レンズを通ってきた光を使用して測光する方式のことです。

TV
TV(TimeValue:タイムバリュー)はAEの一つで、シャッター速度優先AEのことです。
シャッター速度を選択すると絞りはカメラが自動設定します。
※キャノンとペンタックスはTV、ニコンとオリンパスはSと表記されています。
==>標準露出とAE(2)

もっとネガフィルムを楽しむために

ネガフィルムのいいところは、リバーサルフィルムと比較してフィルム、プリントとも安価であること、また、ラチチュードが広く扱いやすいところにあります。
露出補正など気にせず全てカメラ任せにしても、ほとんど失敗することがないのは、このラチチュードの広さにあります。
これらのことから多くの人に親しまれているネガフィルムですが、夕陽の色など「何か、あの時のイメージと違うなぁー」と感じたことはありませんか。
ネガフィルムで写真を楽しんでいる人の多くは同時プリントを依頼していると思いますが、同時プリントはオートプリンターという機械で処理されます。
このオートプリンターという機械は、露出ミス、色かぶりなどを判断し自動的に補正してくれる賢い機械で、そのおかげで失敗写真を見る機会が少ないのですが、必ずしも頭に残っているイメージ通りの写真になるとは限りません。
旅のスナップなどアルバムに綴じておくのであれば多少の色の違いは気になりませんが、作品として楽しむ、大切な記念写真とするなら、思い通りの写真を残したいものです。
そんな時は思い切って「手焼きプリント」を依頼してみてはどうでしょう。
手焼きプリントはラボマンが一枚一枚処理するので、イメージに近い色、露出を写真にすることが出来ます。
またサイズを六切(約20×25cm)、四切(約25×30cm)位の大きさにするとグッと作品らしく(?)なります。
多少割高になりますが、壁に掛けておくと「へぇー、素晴らしいね! 誰が撮った写真?」と絶賛されるかもしれません。
参考までに手焼きプリントはラボマンが丁寧に処理するとはいえ、自分が描いているイメージが正確に伝わっていないとオートプリンター同様、期待通りの写真になるとは限りません。
「もう少し茜色に」と言っても人それぞれ思い描く色は微妙に違います。
見本となる色(写真)を添付するなど、なるべく具体的に指示するようにしましょう。
トリミングとは また、手焼きプリントはトリミング(ネガに写っている画像から不要な部分をカットしてプリントする手法)の指定も出来ますが、極端なトリミングは写真画質を劣化させます。
被写体をファインダーで確認して撮ることのできる一眼レフカメラですから、撮影時の構図にも気を使いトリミングをしないようにしましょう。

最後のおまけ
オートプリンターでプリントすると、ネガに写っている画像の外側一回りほどがカットされます。
そんな端に重要な被写体を写す人はいないと思いますが、もしそれが重要な意味を持つのであれば、ラボ(現像所)に相談してみては!?
ぎりぎりまでプリントしてくれると思います。

それでは、(^^)/~~~

ネガとポジ

今回はネガフィルムとリバーサルフィルムについてもう少し詳しく説明します。
リバーサルフィルムはポジフィルムとも呼ばれています。
これはネガフィルムに対応した呼び方で、ネガは陰画、ポジは陽画になります。
ネガにポジ?、陰画に陽画?
ピンときませんよね!?
簡単に言うとポジはスライドのことで、そのまま写真として観賞できます。
一方のネガは画像の明暗が反転しオレンジ色にマスクされているので、プリントしないと写真として観賞できません。
次に撮影から写真になるまで両者を比較してみます。

ネガフィルムとリバーサルフィルムの違い
 
1.撮影
ネガフィルムでも、リバーサルフィルムでも撮影は全く同じです。
 
 
2.現像
どちらのフィルムも現像が必要ですが、リバーサルフィルムはこの現像だけで写真(スライド)が完成します。
 
 
3.プリント
ネガを印画紙にプリント(焼き付け&現像)して写真が出来上がります。
参考までに同時プリントとは、この現像とプリントを続けて行うことです。
ところで、リバーサルフィルムはそのままスライドとして楽しむといっても、「あの小さいサイズをどうやって楽しむの?」と思われてる方もいるのでは。
次回は、ネガ、ポジの楽しみ方についてです。
それでは! (^^)/~~~

フィルムの基本 (3) ISO感度と露出(絞りとシヤッター速度)の関係

今回はISO感度と露出(絞りとシヤッター速度)の関係です。

まずISO感度は、ISO64、125、160などひねくれた(?)半端な感度のフィルムありますが、多くは25、50、100、200、400、800、1600、3200と数値が2倍になっています。
前々回の説明で、ISO感度は光を感じる度合いを表す数値と説明しましたが、ISO感度の数値だけでは違いを実感できないと思いますので、その違いを絞りとシャッター速度に置き換えて説明します。
そこで思い出していただきたいのが「段」です。
シャッター速度・絞りと段
この図は以前の説明で使用したものですが、思い出していただけましたか?
ISO感度の数値の2倍は、絞り、またはシャッター速度の1段分に相当します。
下の表は、ISO100、絞りF8、シャッター速度1/60秒を標準露出とした場合、ISO感度毎の絞りとシャッター速度の対応を表しています。
ISO感度と露出
例えば 絞りをF8に固定した場合、ISO200での露出(シャッター速度)は1/125秒、ISO400では1/250秒、ISO800では1/500秒になります。
またシャッター速度を1/60に固定した場合は、ISO200での露出(絞り)はF11、ISO400ではF16、ISO800ではF22になります。

ところで、これらの事から「それじゃ、高速シャッターの可能な高感度のフィルムを持っていればいいのかな?」と思っていませんか?
確かに暗い状況では高感度フィルムは真価を発揮しますが、階調、きめ細やかさでは低感度フィルムに劣ります。
また、絞り開いて背景をぼかしたくても、明るい場所ではシャッタースピードが対応できない場合もあります。
デジタルカメラであれば、その場の状況、被写体に応じて変更することが可能ですが、フィルムカメラの場合はフィルムを換えることになります。
あらかじめ、プリント時のサイズ、撮影時の状況を考えて(予想して)フィルムを選択しましょう。

でも、世の中そうそう予想通りに行くとは限りません。
そこで、ちょっとした対応策を紹介しておきます。

まず、高感度フィルムを使用したとき、シャッター速度を最速にしても明るすぎて絞りを開けられない場合、NDフィルターを使うという方法があります。
NDフィルターとは色を変えず明るさを落とす(暗くする)フィルターです。

次に、明るさが足りずスローシャッターになってしまう場合の対応ですが、フィルム現像時に増感処理する方法があります。
増感は感度を1段~2段程度あげるように現像することで、例えばISO100のフィルムをISO200の感度なるように現像することです。
この方法はフィルム単位で行うので、フィルムの途中、例えば10枚目以降からISO200にするといった事はできません。
その手順ですが、まずフィルムを装着するとカメラがフィルムパトローネ(フィルムのケース)のDXコードを読み取って自動的にISO感度と撮影枚数を設定します。(DXコード:幾つか長方形に金属が出ている部分で、カメラはこの情報を読み取ります。)
次にカメラが自動設定したISO感度を手動で変更します。
例えばISO100をプラス1段増感するならISO200に変更します。
(ISO感度の変更方法はカメラの説明書を読んで下さい)
その後は通常通り撮影して構いません。
そして忘れてならないのが、このフィルムを現像に依頼する時、「プラス1段(ISO200)に増感して下さい」と伝えることです。
以上が増感する場合の手順です。

ただし、増感は画質を低下させたり、なかには増感に対応できないフィルム、増感に応じてくれないラボ(現像所)もあるので、あまりお勧めとは言えません。
でも、非常手段として覚えておけば、いつか役に立つ時があるかもしれませんね。

最後におまけを一つ。
フィルムは途中で換えられないといいましたが、APSカメラでMRC機能を備えたカメラの場合は例外です。
MRC(ミッドロールチェンジ)機能とは、撮影途中のフィルムを巻き戻し別のフィルムを装着して撮影した後でも、取り出した撮影途中のフィルムを再度装着して撮影を継続できる機能です。
是非一眼レフにも欲しい機能ですね!

それでは、今回はこれで終了です。
(^^)/~~~

フィルムの基本 (2) ISO感度と階調・粒状性の関係

フィルムの説明でISO感度が出ましたので、パッケージには記載されていないISO感度と階調・粒状性の関係について触れておきます。

まず階調(グラデーション)とは明暗の段階のことで、粒状性とはフィルムの粒子の大きさを言います。
一般的に低感度フィルムほど階調が豊かで粒子も細かくなり、高感度フィルムになるほど階調が乏しく粒子も大きくなります。
具体的には低感度フィルムで撮影した写真はきめ細やかな写真になり、高感度フィルムで撮影した写真は粗くざらついた質感になります。
これでは高感度フィルムの立つ瀬がないように思えますが、高感度フィルムは光に敏感な分だけわずかな光で撮影できること、言い換えれば高速シャッターが選択できます。
例えば静物の撮影は低速シャッターと三脚で対応できても、動体は三脚だけではどうしようもありません。
高速シャッターが選択できることは高感度フィルムの大きな強みです。

ところで粒状性がうんぬんと言ったばかりですが、最近のフィルム、特にネガフィルムは高感度でも粒状性が良く、プリントサイズ次第ではあまり気にすることはありません。
例えばネガカラーフィルムでプリントをLサイズ(サービスサイズ)だけにするなら、ISO100でもISO800でもそれほどの違いを感じることはないはずですから、手軽に撮影を楽しみたい人は様々な撮影状況に対応できて扱いやすいISO400、ISO800を使うといいでしょう。

しかし、四切(約25×30cm)、半切(約35×43cm)など大きくプリントする事を前提にするなら、階調、粒状性に優れた標準感度、低感度フィルムを使う事をお勧めします。

でも中にはあえて粗いざらついた表現を試して見たいという人もいるでしょう。
これもまた写真ならではの表現です。
私もそんな表現を狙ってモノクロの高感度フィルムを使ったことがありました。
手を替え品を替え、作品作りにチャレンジしてみて下さい。
次回はISO感度と露出(絞りとシヤッター速度)についてです。

それでは、(^^)/~~~

フィルムの基本 (1)

「ニコン、コニカミノルタがフィルムカメラから撤退」、「老舗カメラ店の閉店」など、最近フィルムユーザーには悲しいニュースが多くなりました。
そんなご時世のなか、あえてフィルムの説明をしたいと思います。

フジカラーSUPERIA、フジカラーSUPERIA Venus、フジカラーPro400、コダックGOLD、コダックSuperGOLD・・・、カメラ専門店のフィルムコーナーに行くと、一般的なネガカラーフィルムだけでも一体どれを使ったらいいのか悩んでしまうほど多くの種類があります。
中には、インフラレッド(赤外線フィルム)のように特殊なフィルムもありますが、今回は一般的な35mmネガカラーフィルムとリバーサルフィルムについて説明します。
まずは、簡単にフィルムの基本から始めます。
これから説明する項目はフィルムのパッケージに記載されていますので、もし手元にあるなら参考までに確認してみてください。

<フィルムのサイズ>
カメラによって使用できるフィルムサイズは決まっています。
今回、この教室の対象は35mm一眼レフカメラですから、フィルムサイズは「135」(24×36mm)になります。
135はフィルムサイズを表す数値で、35mmフィルムの135以外にAPS用の240、ブローニー(大判カメラ)用の120、220などがあります。

<フィルムのタイプ>
・ネガカラーフィルム・・・広く一般的に使われているフィルムで、プリントすることを前提したフィルムです。
現像するとオレンジ色に仕上がるフィルムで、同時プリント(現像とプリント)を依頼したことがある人なら間違いなく目にしているでしょう。
・リバーサルフィルム・・・現像するとスライド(ポジ)になるフィルムです。
印刷原稿に適しているのでプロが使用するほか、その美しさから写真を趣味とする人達に愛用されています。
・モノクロフィルム・・・白黒フィルムのことです。
・APSフィルム・・・APSは、Advanced Photo Systemの略で、撮影前も現像後もフィルムはカートリッジに収納されています。
フィルムの装着や保管が簡単で、フィルムには映像以外に撮影日時、シャッタースピード、絞りなどの撮影データが記録されます。

<ISO感度>
ISO感度とは光を感じる度合いを数値で表したもので、昔はASAと表記されていました。
数値が高いほど感度が良く(光に敏感になり)、低いほど鈍くなります。
一般的にISO100~ISO400を標準感度フィルム、それより数値の大きいISO800、ISO1600を高感度フィルム、逆にISO50など小さい数値のフィルムを低感度フィルムと呼んでいます。
どのISO感度のフィルムを使用するかは被写体、撮影状況などを考慮して決めます。
例えば、高速シャッターの必要なスポーツや、室内、夜景などの撮影なら高感度フィルム、三脚を構えじっくり撮るなら標準感度、低感度フィルムなどを選択するとよいでしょう。
参考までに私の場合は、旅のスナップなら風景などの撮影から屋内での撮影、夜景撮影など様々な状況に対応できるようにISO400かISO800のネガカラーフィルム、撮影が主体ならISO50かISO100のリバーサルフィルムを使用しています。

<光源(デーライトとタングステン)>
これは聞き慣れない言葉だと思いますが、光には温度(色温度)があります。
色温度に関しては別の機会に詳しく説明しますが、フィルムは一定の色温度を基準に製造されています。
簡単に言うと太陽光で撮るのか、タングステン光(写真用ライト)で撮るのかで、使用するフィルムが違います。
日中の屋外(太陽光)、フラッシュ撮影の場合はデーライトを、写真用ライトで撮影するならタングステンを使用します。
ネガカラーフィルムを使うのなら市販されているほとんどがデーライトタイプでタングステンタイプを探す方が大変ですが、リバーサルフィルムはタングステンも多いので注意して下さい。
※私も含めて、このブログを読んでいる人で写真用ライトを使用して撮影する人はまずいないと思いますが、写真用ライトとは別に、日中このタングステンタイプのリバーサルフィルムで撮影すると青っぽい写真になります。(ネガの場合はプリント時に補正されるので狙い通りにはなりません)

<有効期限>
フィルムも食品同様に有効期限があり、保管場所についても高温多湿の場所に置くのは好ましくありません。
化学変化を利用して映像を記録するフィルムは未撮影であっても時が経つにつれ徐々に化学変化が進行し最後は正常な発色が出来なくなります。
その目安が有効期限です。
ただし、有効期限内であってもフィルムの保管状態によっては使用できなくなる場合もあります。
例えば夏場、高温になる車内に長時間放置しておくなどは厳禁です。
また、撮影済みのフィルムは未撮影のフィルム以上に化学変化が進行するので、撮影後は速やかに現像に出しましょう。

<DXコード>
パトローネとDXコード フィルムの銘柄、ISO感度、撮影枚数などを表すコードで、パトローネに付けられています。
フィルムを装着するとカメラがこのコードを読み取り、ISO感度、撮影枚数を自動設定します。


それでは、(^^)/~~~

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon