新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« フィルムの基本 (3) ISO感度と露出(絞りとシヤッター速度)の関係 | トップページ | もっとネガフィルムを楽しむために »

ネガとポジ

今回はネガフィルムとリバーサルフィルムについてもう少し詳しく説明します。
リバーサルフィルムはポジフィルムとも呼ばれています。
これはネガフィルムに対応した呼び方で、ネガは陰画、ポジは陽画になります。
ネガにポジ?、陰画に陽画?
ピンときませんよね!?
簡単に言うとポジはスライドのことで、そのまま写真として観賞できます。
一方のネガは画像の明暗が反転しオレンジ色にマスクされているので、プリントしないと写真として観賞できません。
次に撮影から写真になるまで両者を比較してみます。

ネガフィルムとリバーサルフィルムの違い
 
1.撮影
ネガフィルムでも、リバーサルフィルムでも撮影は全く同じです。
 
 
2.現像
どちらのフィルムも現像が必要ですが、リバーサルフィルムはこの現像だけで写真(スライド)が完成します。
 
 
3.プリント
ネガを印画紙にプリント(焼き付け&現像)して写真が出来上がります。
参考までに同時プリントとは、この現像とプリントを続けて行うことです。
ところで、リバーサルフィルムはそのままスライドとして楽しむといっても、「あの小さいサイズをどうやって楽しむの?」と思われてる方もいるのでは。
次回は、ネガ、ポジの楽しみ方についてです。
それでは! (^^)/~~~

« フィルムの基本 (3) ISO感度と露出(絞りとシヤッター速度)の関係 | トップページ | もっとネガフィルムを楽しむために »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon