新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 露出補正 でも、その前に | トップページ | ココログの調子が・・・ »

反射光式露出計の露出と補正

今回はカメラに内蔵されている反射光式露出計の露出について詳しく説明します。
でもその前に、少し注意点を!

カメラには反射光式露出計が内蔵されていますが、ファインダーに表示されるシャッター速度、絞りは、単体の反射光式露出計の計測した露出(シャッター速度、絞り)とは、必ずしも一致しません。
それは、ファインダーに表示されるシャッター速度、絞りは、「味付けされた露出」だからです。
味付けとは、評価測光(分割測光)、中央部重点平均測光、部分測光などの測光方式のことです。
測光方式には各々特徴があり、それらを含めて説明すると分かり難くなるので、以降はそれらの測光方式とは切り離して説明します。
ただ強いて測光方式として言うなら、今はあまり使われていない画面全体を平均して測光する平均測光と思ってもらえばいいでしょう。

それでは本題に入ります。
前回、反射率という言葉が出ましたが、それに関連して18%グレー(中庸な濃度のグレー、標準反射率、若しくはグレーカード)という言葉を耳にしたことはありませんか?
18%グレーとは、白と黒の中間で物体の平均的な反射率とされています。
実際の撮影では18%グレーを意識することはあまりありませんが、18%グレーは露出を決める上でとても重要です。
なぜなら、18%グレーはラチチュードの基準(中心)であり、画像を再現する最良のポイントとされているからです。
となれば、必然的に露出計はこれを基準に露出を算出します。
前回、被写体の反射率で露出が変わると説明しましたが、18%グレーが分かったところでもう少し詳しく言うと、露出計は被写体がラチチュードの中心、つまり18%グレーになる露出を算出します。
極端な言い方をすれば、白い物、黒い物はグレーになるということです。
反射光式露出計の露出
これは画像を再現する最良のポイントを中心に画像が記録されるわけですから、一見問題なさそうに思われるかもしれませんが、それはプリント(補正)を前提としたネガカラーフィルムに限った話です。
フィルム現像で写真が完成するリバーサルフィルムの場合は、撮影時に露出補正の要否、補正量を考慮しなければ思い通りの写真はできません。
いい例が雪景色です。
リバーサルフィルムで補正無しに太陽に輝く雪原を撮ると、白いはずの雪がグレーになります。
リバーサルフィルムを使うなら露出補正を覚えましょう
意図がある場合は別として、白い雪原がグレーになってしまってはがっくり、普通に考えれば明らかな露出ミス、失敗作です。
これは全体的に明るい(眩しい)のでカメラがグレーにしようと露出を絞り、結果として露出不足となるのです。
この場合は、プラス側(露出を多くするようにシャッタースピードを遅くするか、または絞りを開ける)に補正します。
同様に、全体的に黒い物を撮影すると、カメラは暗いと判断し露出を開けるので、締りの無い黒になります。
この場合は、カメラの露出が露出過多(露出オーバー)ですから、マイナス側(シャッタースピードを早くするか、または絞りを絞る)に補正します。
必ずしも補正が必要な訳ではありませんが、見た目に近い写真にするには、白い被写体が占める割合が多い場合はプラス側に、逆に黒い被写体が多い場合はマイナス側に補正します。
露出補正は、補正の向き(プラス側、マイナス側)、補正量など初めてリバーサルフィルムに挑戦する人、露出補正をしたことの無い人にとって少し厄介でしょう。
でも、これで少し露出補正が見えてきたのでは!?

見えてきたついでにもう一つ。
露出補正は「白を白に」「黒を黒に」など、見た目に近づける為の補正だけではありません。
普通なら露出補正が不要と思える場合でも、あえて露出補正することで主題を引き立てることもできます。
これらについては、また別の機会に説明します。

ところで、今までの説明で「ネガカラーフィルムなら露出補正が不要なのか」と思われた人もいるでしょう。
確かにネガカラーフィルムはラチチュードが広く、多少の露出ミスがあってもプリント時の補正で遜色ない写真に仕上がります。
リバーサルフィルムで1段(1EV)と言えば致命的ですが、ネガカラーフィルムからプリントされた写真では露出ミスに気付くことはないでしょう。
そんな1EV程度では露出ミスとは言わない(分からない)ほど露出に寛容なネガカラーフィルムですが、露出補正が全く不要な訳ではありません。
極端な状況下など綺麗な写真を撮るためには、やはり露出補正は必要です。
しかしプリントからでは露出補正の効果の確認が難しく、補正が正しかったのかすら判断できません。
これは初心者のネガカラーフィルムユーザーに対して失礼かもしれませんが、良く分からないまま露出補正をするより、評価測光(分割測光)+AEのカメラ任せにした方が安全だと思います。

次回は、測光方式との関連です。
それでは、(^^)/~~~

<おまけ>
18%グレーがどんな色なのか、興味ありますか?
カメラ専門店などで、グレーカードとして販売されています。
買う必要はありませんが、「中庸な濃度のグレーとは、こんな色なんだ」と体感してみては?
もちろん購入しても構いません。
デジカメのホワイトバランス調整などにも使えるでしょう。

« 露出補正 でも、その前に | トップページ | ココログの調子が・・・ »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon