新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« リバーサルフィルムへ挑戦 (2) | トップページ | フィルム装着の仕方と注意 »

フィルムの保管方法

フィルムにも有効期限があることを説明しましたが、今回は補足としてフィルムの保管方法についてです。

<撮影前フィルムの保管>
フィルムに高温多湿は厳禁です。 なるべく冷暗所(低温で乾燥した暗い場所)に保管します。
もし、まとめ買いしたフィルムがあるなら、密閉できる冷凍保存バッグ(ジッパー付きのバッグ)に小分けし、冷蔵庫(野菜室)など安定した低温の場所に保管します。
ここでのポイントは小分けして入れておくことです。
そして使用する数時間前に使う分だけ冷蔵庫から出し、冷凍保存バッグに入れた状態で徐々に常温に慣らしてから使用します。
これは冷蔵庫で保管していたフィルムをいきなり開封するとフィルムに結露する場合があるからです。
それと保管方法ではありませんが、撮影には予備のフィルムを何本か持って行きませんか?
私はカメラとフィルムをリュックに入れ移動するので、真夏の炎天下は人間にもフィルムにも過酷な環境です。
そんな時私は保冷バッグに冷凍保存バッグにいれた撮影前後のフィルムと、タオルで包んだ小さめの保冷剤を入れています。
こうしておけば、人がバテてもフィルムがバテることはないでしょう。

<撮影済み(現像前)フィルムの扱い>
露光後(撮影済み)のフィルムは、露光前より化学変化の進行が早いそうですから、撮影済みのフィルムは速やかに現像に出しましょう。
それでも、旅先などで現像できない場合は、なるべく涼しい場所に保管し帰ったら速やかに現像に出します。
車のダッシュボードに入れっぱなしは論外です。

<現像後の保管方法>
フィルムは現像後、化学変化しないので、以後の課題はカビ対策になります。
カビ対策はフィルムだけに限った話ではなく、またフィルムだから特に注意しなければならない点がある訳でもありません。
涼しくて乾燥した暗い場所に保管し、時々は取り出して外気にあてます。
ちょうど衣類の虫干しのようなことですが、フィルムを日光に当てる事はしないで下さい。
ところが、「暗い場所」は直ぐに見当が付くとして「涼しくて乾燥した場所」は厄介です。
特に梅雨時期など乾燥してる場所なんてそうそうありませんから。
理想は密閉型の容器に入れ乾燥剤と共に保管しておくことです。
ただし、乾燥剤も定期的に取り替えないと意味がありませんけど!


<フィルムの整理の仕方>
同時プリント、焼き増しが終わったネガフィルムは保管ケースにしまっていると思います。
案外、この保管ケースが棺桶になっていませんか?
まぁー、私もそんなものですが、何かの折に「あのネガは、何処だっけ?」と探すとなったら、さぁー大変です。
フィルムを出さなくても撮影日と撮影場所、または、タイトル(「XXX旅行」など)が分かるように記入して、日付順に整理しておきましょう。(フィルムを下敷き代わりに、ボールペンなど硬いもので書くのは厳禁です。)
これは、何度も経験していますが、後から整理しようなんて溜めてしまうと、日付さえ思い出すのに一苦労です。
その都度、整理しておくことをお勧めします。(※フィルム保管用のファイルも市販されています。)
そして、ここからは更なる整理好きの人向けの話です。
日付が分かり、該当のフィルムを探し出せたとしても、オレンジ色のネガから該当のカットを探すのは、これまた大変です。
そこで、少しお金は掛かりますがベタ焼きを作って一緒に保管しておく方法かあります。
c0031501 ベタ焼きとは密着プリント、カラーベタとも呼ばれ、写真を一覧できるようにまとめて小さくプリントしたものです。
大きさは違いますが、APSのインデックスプリントのようなものです。
ここまでしておけば、?十年後でもネガ探しに苦労することはないでしょう。

<フィルムの扱い>
ネガフィルムをフィルムシートから取り出す人はあまりいないと思いますが、ポジフィルムの場合はスライドとして直接フィルムを観賞するのでフィルムを手にする機会が多くなると思います。
どちらの場合であっても、フィルムはデリケートなので、その扱いは慎重に行います。
ネガフィルムや、マウントされていないポジフィルムを扱う時は、手袋、ピンセットなどを用いフィルムに直接手で触れないことです。
マウント済みのスライドも同様で、手にする際はフレームを持ちフィルムには触れないようにします。
これは手の皮脂がカビ、変色の原因になるからです。
もし誤って指紋等を付けた場合は、柔らかい布で優しく拭き取ります。
また、フィルムは傷つきやすいので、フィルムシートの出し入れも慎重に行います。
自分でスリーブ仕上げのポジフィルムをカットしてマウントする時やフィルムスキャナーで読む込む時などは特に注意して下さい。

最後に、これは誰でもやりそうなことですが、フィルムにホコリが付いたからといって安易に息で吹き飛ばすのは止めましょう!
フィルムにつばを飛ばしては、ホコリより厄介です。
面倒がらず、ブロアやブラシで取り除くようにします。
参考までに、エアゾール式(圧縮ガスを使用した)スプレーは強力過ぎるのと、使用法を誤ると液体が噴出する場合があるのでお勧めしません。

それでは、(^^)/~~~

« リバーサルフィルムへ挑戦 (2) | トップページ | フィルム装着の仕方と注意 »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon