新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 付録 シャッター速度と絞り | トップページ | 厄介な補正量 »

露出インジケーター

ファインダーにはシャッター速度、絞り以外にインジケーター(目盛り)が表示されています。
露出補正をしない人は、あまり注意して見たことがないと思いますが、このインジケーターは露出インジケーターや露出レベルと呼ばれるもので「カメラが算出した適正露出」と「表示されているシャッター速度と絞りから得られる露出」の差を表しています。
モデルによって違いますが、露出インジケータの範囲は-2~+2EV、または-3~+3EVで、刻みは1/3、または1/2になっています。
1/3、1/2を見て何か思い出しませんか?
これはAEで説明した段(ステップ)に対応しています。
露出インジケーター ex1 露出インジケータは、カメラ(AE)が算出した適正露出と一致している時は0を指しています。
日中屋外で、P(プログラムAE)で撮るなら0以外をさすことはほとんど無いでしょう。

しかしAEを使用していても、状況次第では0以外を指す事があります。
露出インジケーター ex2 例えば、TVモードで室内撮影した時、絞りが点滅した経験はありませんか?
この時、インジケーターはマイナスを指していたはずです。
仮に
・AE=TVモード(シャッター速度優先AE)
・使用レンズの開放値=F3.5
・シャッター速度=1/250
・絞り(AE)=F3.5(点滅)
・露出インジケーター=-0.5(-1/2段)
であったとするなら、このシャッター速度と絞りから得られる露出はカメラが算出した適正露出より0.5段分露出が不足していることを意味しています。
つまりカメラは適正露出を「シャッター速度=1/250、絞り=F2.8」と算出したのです。

整理するとインジケーターは
==> 「カメラが算出した適正露出」と「表示されているシャッター速度と絞りから得られる露出」の差
==> 絞りF2.8とF3.5の差
==> -1/2段(-0.5)
を指しているのです。
※シャッター速度、絞りの間隔(段)の一覧を付録・シャッター速度と絞りとして掲載しました。
また露出オーバーの時も同様で、インジケーターにはカメラが算出した適正露出との差が(プラス側に)表示されます。
これで露出インジケーターの見方が理解いただけたと思います。
ところで、なぜ露出インジケーターの説明が出てきたかというと、露出補正はこの露出インジケーターで補正の方向、量を確認するからです。
露出補正は通常のシャッター速度・絞りの選択とは違い、補正量で指定し、その情報が露出インジケーターに表示されます。
もちろん、補正量・正方向に連動してシャッター速度・絞りが変わります。
シャッター速度、絞りのどちらが変わるかは、選択しているAEで違います。
普通、TV(シャッター速度優先AE)の場合は絞りが変わり、AV(絞り優先AE)の場合はシャッター速度が変わります。
一度カメラ添付のマニュアルを確認して下さい。

この続きは次回に! 

<おまけ>
「TVモードで室内撮影した時、絞りが点滅した経験はありませんか?」の補足です。
この場合、使用レンズの開放値がF3.5よりも明るいレンズ、例えばF2.8ならこのような状態にはなりません。
絞りがF2.8に設定され、適正露出になります。
また、TV(シャッター速度優先AE)モードでなくAV(絞り優先AE)モードでも同様です。
なぜなら、絞りがF3.5でもカメラがシャッター速度を1/180に設定するので適正露出になります。

参考までに、(標準反射率の被写体を)露出アンダー(露出不足)の状態でシャッターを切ると暗めの写真になり、露出オーバー(露出過度)の状態でシャッターを切ると明るい写真になります。
その度合いは、露出インジケーターの差が大きいほど暗い(黒っぽい)、または逆に明るい(白っぽい)写真になります。

(^^)/~~~

« 付録 シャッター速度と絞り | トップページ | 厄介な補正量 »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon