新着フォト

  • 船形山がくっきり
    ※これ以前の写真はフォトライブラリに掲載しています。

アクセスカウント


  • お客様は番目の訪問者です。
    since 2004.6.10

著作権


  • Copyright © 2004,2015. Takahata, All Rights Reserved.

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

花を撮る・・・マクロ撮影

マクロ撮影 マクロ撮影(クローズアップ撮影、接写)の定番といったら、やはり花でしょう。
普段見慣れた花でも、アップにするとまた違った表情を見せてくれます。
と、言うわけで今回は花のマクロ撮影に必要、あると便利なアクセサリーを紹介します。
(*は、文末に簡単な用語説明を載せました。)
 

まずは、「とりあえずちょっと撮ってみようかな!?」編です。

1.マクロ機能付レンズ、またはクローズアップレンズ
「手持ちのレンズにマクロ機能はないし、マクロレンズを買うのも・・・」
とりあえずマクロ撮影がどんなものか試してみたいと言う方は、クローズアップレンズを購入するといいでしょう。
名前にレンズとありますが、見た目も使用法もフィルターと同じでレンズ先端に装着して使用するアクセサリーです。
値段もレンズに比べたらはるかに安価です。
倍率など様々なタイプがあります。こちらを参考にして下さい。
また同じようにレンズの撮影倍率*1を上げる(最短撮影距離*2を短くする)アクセサリーにエクステンションチューブ(接写用中間リング)があります。
ただし、こちらはクローズアップレンズより高価になります。(クローズアップレンズ、エクステンションチューブは倍率ごとに幾つかタイプがあります。)

これだけでもクローズアップ撮影を楽しむことができますが、等倍撮影*3など本格的なマクロ撮影を楽しむなら、やはりマクロレンズ、三脚が必要です。
続いては、「本格的に始めてみるか!!」編です。

1.マクロレンズ(マイクロレンズ)
もしマクロレンズを購入するなら等倍撮影できる物がいいでしょう。
焦点距離は50mm、100mm、200mmなどありますが、私は被写体とある程度の距離(ワーキングディスタンス*4)が取れる100mmを使っています。
もし昆虫なども撮影するなら焦点距離の長い200mmもいいでしょう。
ただし、値段も高くなります。
どの道、購入には用途(対象とする被写体)、製品仕様(倍率、最短撮影距離)、価格、使用頻度、携帯性(重さ、大きさ)などを考えて決めて下さい。

2.ローポジション可能な三脚とレリーズ(リモートスイッチ)
マクロレンズで本格的にマクロ撮影するなら三脚は必須です。
構図をじっくり作るためにも必要ですが、それ以前に等倍撮影など高倍率撮影では被写界深度が極端に浅く、体のわずかな揺れでピンぼけになるからです。
また被写体が低い位置にある事が多いのでローポジション可能な三脚がいいでしょう。
これは別の機会に説明しますが、エレベーターが長いとあまり低位置にできません。

3.マグニファイヤー
被写体(ファインダー中央部)を拡大してみるアクセサリーです。
ファインダーの映像を拡大できるので、微妙なピント合わせが楽に行えます。
マグニファイヤー 1
マグニファイヤー 2

4.アングルファインダー
被写体(ファインダー)をカメラの上部から覗く為のアクセサリーです。
これがあると地面に近い低位置の被写体を寝そべらなくても確認できます。
マグニファイヤーの機能を兼ねたタイプもあります。
アングルファインダー 1
アングルファインダー 2

5.レフ版
クローズアップに限った物ではありませんが、暗部に光を回したり、影を弱めたりするアクセサリーです。
モデル撮影ではキャッチアイを出すのにも使われるアクセサリーですが、クローズアップ撮影の場合は小型の物でOKです。
カメラのレンズに取り付けるタイプもあります。
※白いアクリル板、またはアルミホイールを張っても代用できます。

6.ソフトフィルター
被写体の明部(ハイライト部)をにじませるフィルターで、被写体をソフトに演出できます。
この類のフィルターは種類が多く、ソフトン、フォギー、デュート、フォグ、ディフュージョン・・・などの商品名で販売されています。

7.霧吹き
これはカメラ用品ではありませんが、花を朝露に濡れたように演出できます。

8.アクリル板、クリアケースなど
黒なら背景、白ならレフ板、半透明なら遮光板、ディフューザー(拡散板)になります。
ただし、ここまでくるとアシスタントが必要かも・・・?
※ディフューザー(拡散板):ストロボ光(フラッシュ光)や直射日光を拡散するアクセサリーで、光源からの光を拡散し柔らかい光にすることで、テカリを抑えたり、影を弱めたりします。

機材が揃えば後はモデル探しですが、野山を歩く人なら花探しに苦労はないでしょう。
街中で花を探すとなると公園になりますが、公園で三脚を立てるのは少し恥ずかしい・・・。
そんな人にはテーブルフォトをお勧めします。
花は用意しなければなりませんが、花をテーブルに載せれば普通の三脚が使える、花の向きを自由に変えられるなどセッティングは屋外より室内のほうが容易です。

さて、後は撮影するだけですが、私ではありきたりの事だけでいいアドバイスをできそうにありません。
ご自分で創意工夫なさってください。
でも、・・・。
ありきたりのことだけですが付け加えておきます。

・被写界深度(絞り)
絞りの働きでも説明しましたが、被写界深度は被写体に近付けば近付くほど浅くなり、特に等倍撮影で絞りを開放にするとその範囲はmm(ミリ)単位になります。
プレビューボタン(絞込みボタン)でボケを確認しながら絞りを選んで下さい。

・ピント位置
被写界深度が浅い状況では、ピント位置は非常に重要です。
花を撮るにしてもメシベ、オシベ、花びらなどピントの位置によって主題が変わります。

・光の向きと質(強さ)
自生する花の場合は、順光、斜光、逆光など光の向きを自由に変えられないことが多いのですが、光の質(強さ)なら「光が足りない時はレフ板を使う」、「強すぎる時はディフューザーを使う」などしてある程度はコントロールできます。
例えば直射日光で白い花を撮ると、コントラストが高く花のディテールが失われてしまうことがあります。
そんな時は半透明のアクリル版等をディフューザーに使って光を拡散すれば再現できることもあります。

・被写体ぶれ
屋外で撮影するとき、厄介なのが風による被写体ぶれです。
被写界深度を深くするため絞り込むと、当然のことながらシャッター速度は遅くなります。
高倍率撮影ではぶれも拡大されるので注意して下さい。

・撮影ポジション
普段見る花は、ほとんどが見下ろす角度です。
上から撮るだけでなく、低位置にすることで花の表情も変わります。
手を変え品を変え色々試してみて下さい。

*1 撮影倍率:実物とフィルムに写る大きさの比率のことです。(等倍とは撮影倍率1倍のことです。)
*2 最短撮影距離:最大倍率時の被写体からフィルム面までの距離、簡単に言えばピントの合う範囲で被写体に一番近付いた時の被写体とフィルム面までの距離のことです。
*3 等倍撮影:フィルム(または撮像素子)に実物と同じ大きさで撮ることを言います。 例えば一円玉を等倍撮影すればフィルムに実物大で一円玉が写ります。
*4 ワーキングディスタンス:最短撮影距離と似ていますが、最短撮影距離で撮影している時の被写体からレンズ前面までの距離をいいます。

ヒストグラム

デジタルカメラでプレビュー画像の片隅にグラフが表示されている(表示できる)のをご存知ですか?
これはヒストグラム(輝度)と呼ばれるもので、画素(画像)を輝度毎に集計したグラフです。
撮影した画像の明るさ、暗さの傾向を把握することができる非常に有用なグラフですが、デジタルカメラの特権でフィルムカメラにこの機能はありません。
では例のごとくCanon EOS Dシリーズを例に説明します。

ヒストグラム

横軸:輝度(左側に寄るほど暗く、右側に寄るほど明るくなります)
縦軸:画素数

さて、このヒストグラムから何が読み取れるのか、幾つかのパターンで説明します。
ヒストグラム 例1

例1:右寄りに分布
全体的に明るい画像です。

ヒストグラム 例2

例2:左寄りに分布
全体的に暗い画像です。

ヒストグラム 例3

例3:中間が少なく両端に分布
コントラストの強い画像です。

ヒストグラム 例4

例4:中央部に分布
コントラストの低いフラットな画像です。
 
 

次は、極端な例で被写体によっては露出補正して撮り直した方が賢明なケースです。
ヒストグラム 例5

例5:極端に左に分布
暗い画像であることに加え、大部分が黒潰れていることが考えられます。

ヒストグラム 例6

例6:極端に右に分布
明るい画像であることに加え、大部分が白飛びしていることが考えられます。
 
白飛び、黒潰れはダイナミックレンジを外れた部分で、白飛びは白、黒潰れは黒になります。
こうした部分には色、階調が無いため、後で画像編集ソフトで補正してもほとんど効果がありません。
白飛びにだけ関して言えば、Canon EOS Dシリーズは画像のプレビューで白飛びした部分が点滅します。(※黒潰れは点滅しません)
もし、点滅した部分がメインとなる被写体(再現したい部分)なら、露出補正(マイナス補正)をして撮りなおします。
こんなことを言うと、点滅した時、ヒストグラムが偏った時は全て補正が必要と思われたかもしれませんが、決してそうではありません。
例えば、逆光や薄曇の空を入れて人物を撮ると、背景の空(雲)が白飛びすることがあります。
これを白飛びしているからといって、マイナス補正すると人物が暗く沈んでしまいます。
逆に暗い室内で撮影した場合、黒潰れしている部分があるからといってプラス補正すると、しまりの無い黒が多く妙に明るい写真になります。
ここが少し厄介なところでもありますが、暗い場所、黒い物が多ければ左寄りが多くなり、明るい場所、白い物が多ければ右寄りが多くなります。
これを何でも中央よりに補正してしまうと、くすんだ白、締まらない黒になってしまいます。
また晴天時の日向と日陰など明暗差が大きい場合は、その両方を再現することはできません。
こっいった場合は、構図を変える、フラッシュを使う、メインの被写体に合わせ他方を捨てる(諦める)ことになります。
要は被写体、周囲の状況、ヒストグラムを総合的に判断することが必要なのです。

活用したいAEB

前回の説明で出たAEBについて補足します。
AEB(Auto Exposure Bracketing:自動段階露出)とは、シャッターを押す都度補正操作をしなくても、予め幅(補正量)を指定すればシャッターを押すだけでカメラが自動的に露出を変えてくれる機能です。
例えば、幅を0.5にして3回シャッターを押せば、-0.5、0(基準となる露出)、+0.5と0.5段毎に違った露出で3枚(3コマ)の写真が出来上がります。
AEBを利用した撮影
通常の露出補正の繰り返しでも同じことが可能ですが、シャッターを押す都度、新たに測光され露出が計算されるので基準となる露出からずれてしまうことがあります。
しかし、AEBの場合は基準となる露出が固定(AEロック)されるので、撮影の途中で基準とした露出が変わることはありません。
まして時間的にもドライブモードを連続撮影にしてシャッターを押せば3枚は一瞬です。
またこのAEBは通常の露出補正と組み合わせることも可能です。
例えば、露出補正を-1、AEBの幅を0.5にすれば、カメラが算出した露出から-1.0した露出をを基準に-1.5(-1.0 + -0.5)、-1.0(-1.0 + 0.0)、-0.5(-1.0 + +0.5)で撮影されます。
露出補正とAEBを併用した撮影
そして、このAEBは普段あまり露出を意識しないで撮影しているユーザーにもお勧めです。
室内で少し薄暗い雰囲気を出して撮りたかったのに、思った以上に暗く、または明るく写ってしまった経験はありませんか?
こういった状況でAEBを使えば、暗め、明るめの写真も撮れるので、その中から気に入った写真を選ぶことが出来ます。
特にデジタルカメラなら、AEBを多用してもその場で不要な画像を消してしまえば、(記録メディアの)容量的な問題は発生しないでしょう。
しかしフィルムカメラの場合は一旦写したら消すことはできません。
1カットで3枚(3コマ)消費するので、何でもかんでもAEBで撮影し肝心の時にフィルム切れにならないよう、AEBを多用するならフィルムを多めに持っていきましょう。

参考までにAEBでの実写ではありませんが、現像ソフトでAEBをシミュレートした画像を掲載します。
もし初めてAEBを使うのなら、補正量1/3はわずかな違いなので、1/2、または2/3にして撮ってみるといいでしょう。
C0050801

C0050802 

※参考
AEBの撮影順を[-、0、+]、[0、-、+]から選択できるモデルもあります。
詳しくはカメラの説明書で確認して下さい。

頼まれた写真となると・・・

(珍しくブログらしい(?)記事が続きました。)
連休前、友人から記念写真の印刷を頼まれました。
集合写真・室内撮影・コンパクトデジカメとなるとはやり光量不足でくすんでいます。
赤目、光目は簡単に修正できても後列の人たちのシャンデリアの色かぶりを直すのは厳しいかも!?
連休最終日、色々試しては見たものの、やはりすっくりくっきりとはなりません。
「でも、とりあえずこれを見てもらうか」
結果はOKでしたが、私としては今一納得が・・・。
自分の写真のプリントなら適当なところで諦めるのですが、頼まれた写真、それも50枚以上となると色々と気になってしまいます。
んー難しいぃー。
でも、いくらいじってもあまり代わり映えしないし、OKも出たことだし良しとしますか。
と言っても、はやり、んー・・・。

影鳥海に挑戦!?

3週間ほど前、職場の談話室で「カメラ倶楽部を作ろう!」という話が出ました。
言いだしっぺは、私にカメラを預けていた友人です。
予定部員のなかには「高校時代はカメラ部だったよ」という心強い人もいますが、各自の持っているカメラは一眼レフ、デジタル一眼レフ、コデジと様々です。
そんな折
「ところで、何撮ります!?」
「桜」「昆虫」「日本海に沈む夕陽」・・・。
「日本海と言えば影鳥海ってあるんですが、知ってます!?」
「影鳥海とは、朝陽に照らされた鳥海山の影が日本海に~(以下省略)~」
「ほぉー! それいいね。 泊りがけで行こう!」
などと、話は盛り上がる一方。
しかし、影鳥海に関して言えば、簡単に撮れる代物ではないのですが。
だいぶ以前に読んだ雑誌であまり正確には覚えてないのですが、自然風景にもランク(撮る条件)があるそうです。
確か「忍耐と情熱」「技術」「運」だったと思います。

忍耐と情熱・・・相手は自然ですから、相手に合わせるしかありません。
日が射すのを待つ、風が止むのを待つ、鳥が飛ぶのを待つなど忍耐が必要です。
またロケハン(下見、事前調査)の必要なこともあるし、一度でうまく撮れない事もあります。
一度や二度で諦めない写真にかける情熱も必要です。

技術・・・ピンボケ、手ぶれ、露出過不足、ほんの一瞬かもしれないシーンを的確に撮るにはある程度の技術も必要です。

運・・・夕陽一つにしても、晴れた日ならいつでも素晴らしい夕陽に会えるかというとそうではありません。
何度行ってもドラマチックな夕陽に会えないかもしれません。
様々な要因が絡む自然に対しては、運も重要です。

「影鳥海」はどれについても高難度です。 果たして現実のものとなるのか・・・。
そんな難題・影鳥海に挑戦しようとする崇高なチャレンジ精神(?)は大したものですが、全く別路線で専属モデルの話まで出てきました。
これは楽しい話でもありますが、モデルさん候補がOKしてくれるのでしょうか?
まぁー、色々と話は尽きませんが、ほんとにカメラ倶楽部って活動するんでしょうか・・・?

厄介な補正量

前回少し触れましたが、露出補正はAEで行うシャッター速度や絞りの選択とは異なります。
これらの操作は、カメラが算出した標準露出のシャッター速度と絞りの組み合わせを変える(シフトする)だけで露出補正にはなりません。
露出補正の操作はカメラによって違うので、最終的にはカメラの説明書を確認していただくことになりますが、Canon EOSシリーズを例に説明します。(EOSシリーズでもサブ電子ダイヤルの無いEOS Kissは多少操作が違います)

EOSシリーズの露出補正操作は至って簡単で、サブ電子ダイヤルを回すだけで露出の方向・量を設定できます。
時計方向に回せば、プラス補正、逆に反時計方向でマイナス補正になります。
また、設定した方向・量は露出インジケータで確認できます。
例えば、+0.5の補正をする場合、電子サブダイヤルを時計方向に回します。

補正前の状態
シャッター速度=1/500
絞り=F8.0
露出インジケータ=0
 

AVモードで補正した場合
シャッター速度=1/350
絞り=F8.0
露出インジケータ+0.5
※AVモードで補正するとシャッター速度が変わります。
 

TVモードで補正した場合
シャッター速度=1/500
絞り=F6.7
露出インジケータ+0.5
※TVモードで補正すると絞りが変わります。

この状態でシャッターを押せば、カメラが算出した露出より+0.5段多い露出で撮影されます。
このように補正操作自体は至って簡単です。
厄介なのは補正の量をいくらにするかの判断です。
ここまで説明してきて、今更こんなことを言うのもなんですが・・・。
被写体ごとの具体的な補正量を示せればいいのですが、被写体と周囲の状況は千差万別で、カメラ、測光方式、また、明るい暗いと言う感覚も人によって微妙にに違います。
そもそも私自身、露出補正については人に教えるほどの技量を持ち合わせていないので、すいませんがこれについてはご自身で研究してみてください。

最後に役に立つかは分かりませんが、私の撮影時の設定を付け加えておきます。

<フィルム/デジタル共通編>
・測光方式は、基本的に中央部重点平均測光です。
・露出補正の単位(ステップ)は1/3段です。
・補正に自信が無い時、絶対に失敗したくない時は、AEB(Auto Exposure Bracketing:自動段階露出)を利用し、補正後の露出を中心に前後(プラス・マイナス)1枚ずつの合計3枚撮っています。

<フィルムカメラ編>
・補正量はカラーネガフィルムで2/3~1段、リバーサルフィルムでは、1/3~1段で、どちらの場合も1段以上補正するケースは、それほどありません。

<デジタルカメラ編>
・補正量は1/3~1段で、フィルム同様1段以上補正するケースは、それほどありません。
ただし私はパソコンで現像することを前提に撮影しているので、補正量は少し荒め(大きめ)にすることが多いです。
・撮影後はヒストグラム(輝度)を確認し、危なそう(?)な時は、補正量を変えて予備を撮っています。
(デジタルカメラは撮るだけなら何枚撮ってもタダですから、シャッターを押す回数はフィルムカメラの2倍以上です。)

<その他>
評価測光(分割測光)で露出補正をすることもありますが、その場合はAEB(Auto Exposure Bracketing:自動段階露出)を利用して前後(プラス・マイナス)2枚で合計3枚撮影します。
評価測光はメインの被写体、周囲の状況などを考慮した露出、言い換えればカメラが自動的に露出補正を施した露出になります。
評価測光のアルゴリズムは複雑で容易にカメラの気持ちを理解できませんが、あまり当たり外れの無い露出を得られます。
ですから、下手にプラスだ、マイナスだと補正するより、カメラの算出した露出を中心に前後を予備的に撮影しています。

おまけ・・・画像の記録形式
画像記録形式にはRAW(ロウ)やJPEG(ジェーペグ)があります。
初めてデジカメを手にした人のほとんどはJPEGを選択していると思いますが、1つ注意することがあります。
それはパソコンで画像を修正する場合ですが、JPEGは否可逆の圧縮方式で画像を圧縮するので、保存の度に情報が捨てられます。
その為、修正=>保存=>修正=>保存を何度も繰り返すと徐々に画質が劣化するので、JPEG形式のファイルを修正する時は注意して下さい。

参考までに、私は撮影時の記録形式をRAWにしています。
RAWは「ファイルサイズが大きくなる」、「パソコンでの作業(現像)が必要」など面倒なこともありますが、撮像素子の情報がそのまま記録されるので、撮影後でもホワイトバランス、露出など様々な調整が可能で、撮影時の失敗をかなり救済できます。
また、画像修正には画像処理の定番ソフトのPhotoShop、PhotoShopElementsを使っています。
これらのソフトにはレイヤーという機能があり、それを用いれば明るさや色合い、コントラストの調整で画質が劣化することはありません。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

お買物

  • お勧めカメラグッズ
  • お買物ならAmazon